形成外科  35(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 菅原光雄 / p233~233
  • 日本人の顔(顔下1/3)の時代的変遷と形質への影響因子について-後- / 難波//雄哉 / p235~247<3762103>
  • 手技 ラムダ型の改良アッベ氏弁 / 丹下一郎 / p249~256
  • 手技 外傷性刺青に対する顕微鏡下短冊状皮膚剝離術(小林法)の応用 / 黒川正人 ほか / p257~259
  • 手技 Dorsal metatarsal flap / 吉武道郎 ほか / p261~267
  • 経験 当教室における耳下腺腫瘍の検討 / 鈴木芳郎 ほか / p269~276
  • 経験 教室における耳下腺腫瘍の統計と検討 / 小立健 ほか / p277~284
  • 経験 眼窩壁骨折における眼所見(偶角後退・調節力障害)についての検討 / 山本喜英 ほか / p285~291
  • 経験 足底小皮弁のデザインと足紋--V-Y plantar flapの応用にあたって / 岩平佳子 ほか / p293~300
  • 経験 ビデオマクロスコープの応用--手術用顕微鏡に代わる新装置の開発 / 中村雄幸 ほか / p301~308
  • 経験 腫瘍切除後の前頭蓋底再建法 / 吉岡伸高 ほか / p309~314
  • 経験 微小血管吻合による頭頸部再建40例の検討 / 吉岡伸高 ほか / p315~320
  • 経験 ケロイド患者の統計的観察--全身的・局所的因子を中心として / 大谷一馬 ほか / p321~328
  • 経験 Tissue expansionにおけるDMSOの効果について / 平瀬雄一 ほか / p329~333
  • 経験 Adenoma of the nippleの1例 / 新城憲 ほか / p335~338
  • 外国文献抄訳 / / p339~348

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 35(3)
出版元 克誠堂
刊行年月 1992-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想