形成外科  20(3)(94)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 唇顎口蓋裂形成後における顎・顔面・口腔領域の変形に対する修復手術 / 塩田//重利
  • 橋本//賢二 / p171~183<1825171>
  • 眼窩内骨折(blowout fracture)における諸症状,手術成績などに関する考察 / 田嶋//定夫 / p184~190<1825169>
  • 裂手に対する再建術 / 上羽//康夫
  • 須藤//容章
  • 梁瀬//義章 / p191~199<1825166>
  • 手指flag flapの使用経験 / 星//栄一 / p200~208<1825164>
  • Manchester法による両側唇裂の経験-1- / 浜本//淳二 / p209~215<1825168>
  • Tangential early excisionの意義と熱傷深度の判定 / 岩泉//九二夫 / p216~222<1825167>
  • Microvascular anastomosesによる頭部瘢痕性脱毛症の治療経験 / 岡田//忠彦 / p223~227<1825163>
  • 左上肢に発生したdermatofibrosarcoma protuberansの2例 / 山田//尚武
  • 小島//和彦
  • 柳橋//亘 / p228~233<1825170>
  • 遊離皮弁生着に関する要因-1-阻血時間と皮弁生着との関係 / 鳥居//修平 / p234~241<1825165>
  • 抄録 第6回日本形成外科学会北陸地方会 / / p242~244
  • 抄録 第7回日本形成外科学会北陸地方会 / / p245~246
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第66回例会 / / p247~254

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 20(3)(94)
出版元 克誠堂
刊行年月 1977-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想