慶應医学  11(7)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 原著 筋ノ呼吸作用ニ及ボス「イオン」量ノ影響 / 林義雄 / p1487~1493
  • 原著 神經ノ恢復曲線ニ就テ(末梢神經ニ於ケル制止現象硏究補遺 第一報吿) / 多田正俊 / p1495~1504
  • 原著 「アンキロストーマ」種及ビ「ネカトール」種十二指腸蟲仔蟲ノ宿主體外ニ於ケル形態學的發育ノ硏究 / 松崎義周 / p1505~
  • 原著 可移植性白鼠肉腫ノ發育ニ關スル硏究(第一-第四報吿) / 有馬宗雄 / p1557~1596
  • 原著 初生兒黃疸ノ實驗的並に臨床的硏究 特ニ其血淸「ビリルビン」及ビ「ヘマチン」量ニ就テ / 毛受治郞八 / p1597~1626
  • 原著 動物糞便ヨリ分離セル溶血性腸球菌Enterococcus haemolyticusニ就テ / 村瀨涉
  • 成川權二郞 / p1627~1635
  • 原著 日本內地ニ於ケル脚氣死亡ニ關スル統計的觀察 / 槇弘 / p1637~1668
  • 原著 恢復曲線ヨリ觀タルウエデンスキー制止現象發現ニ難易アル理由(末梢神經ニ於ケル制止現象硏究補遺 第二報吿) / 多田正俊 / p1669~1680
  • 原著 閾下刺戟ノ傳導興奮ニ及ボス影響ニ就テ(末梢神經ニ於ケル制止現象硏究補遺 第三報吿) / 多田正俊 / p1681~1688
  • 彙報 / / p1689~1690

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society

Keio igaku
巻冊次 11(7)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1931-07
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想