漢方の臨床  27(12)(316)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 分量に関する若干の考察 / 江部康二 / p3~7
  • 藤平健氏の「分量について」を読んで / 村上泰央 / p8~8
  • 腎気明目湯について / 山崎正寿
  • 坂口弘 / p9~12
  • 私の経験(実験傷寒論) / 橋口親義 / p13~17
  • 漢方診療おぼえ書 (五二) アレルギー性鼻炎に黄耆建中湯 低血圧で易疲労に補中益気湯加附子 / 緖方玄芳 / p18~18
  • 最近の諸例 胃潰瘍二例 右上肢痛 / 土本重 / p19~22
  • Buerger's病闘病記 / 李弼永 / p23~25
  • 漢方経験雑記 (三十四) 一貫堂の荊芥連翹湯及び柴胡清肝湯の種々相(その3) / 村田恭介 / p26~29
  • 胃下垂症と補中益気湯合鍼灸治療 / 殷暁明 / p30~31
  • 訪中報告 / 谷美智士 / p31~31
  • 耳疾患の治療奏効一例 / 梶原久義 / p32~34
  • 漢方体験記 (6) ネフローゼ症候群に柴苓湯 痔疾に乙字湯 / 河野順 / p35~36
  • 温知堂経験録 (133) 下肢湿疹と高血圧に温清飲加連翹薏苡仁・大黄 気管支喘息、白癬・魚目に麻杏甘石湯と石膏と紫雲膏 低血圧の偏頭痛に半白天麻湯 / 矢数道明 / p37~38
  • 瘀血および活血化瘀法の源流とその臨床応用、原理研究の発展(3) / 宮川マリ / p39~42
  • 一貫堂医学について (3) 腹症 / 村上昌久 / p43~46
  • 漢方研究室 (106) 皮フ病・膀胱炎 / 小倉重成 / p47~51
  • 旭川便 / 佐藤貞美 / p52~52
  • 漢方医界MEMO 昭和55年11月 / 協会本部 / p53~54
  • 編集後記 / 気賀 / p36~36

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 27(12)(316)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1980-12
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想