漢方の臨床  31(3)(355)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 厚朴七物湯について / 松本一男 / p5~20
  • 陰陽について / 家本誠一 / p21~30
  • 漢方製剤の現状の分析と展望 / 原桃介 / p31~36
  • 二千年の友誼、尋常に等しからず / 張錫君 / p37~45
  • 温胆湯加減を用いた症例報告 / 中祖英雄 / p46~51
  • 昭和期以後の台湾における漢文訳日本漢方医学書一覧表 / 呉家鏡 / p52~56
  • 張景岳の「三焦論」 / 牟田光一郎 / p57~58
  • 東洋医学と私 / 渡辺貞夫 / p59~70
  • 湯液・鍼灸併用による子宮筋腫全治の著効例 / 小池透
  • 小池豊
  • 小池三良助 / p71~78
  • 内関穴に就いて / 長尾泰爾 / p79~80
  • 四逆散の経験 / 久保田富也 / p81~87
  • 大柴胡湯の訓 / 松岡睦友 / p88~92
  • 日本の本草における「百品考」 / 難波恒雄 / p92~96
  • 健康保険問題について / 室賀昭三 / p97~100
  • 富山医科薬科大学・和漢診療部の現状と展望 / 寺沢捷年 / p101~106
  • 漢方製剤の現状と問題点 / 菊谷豊彦 / p107~115
  • どこへ行く薬局漢方 / 吉岡信 / p116~124
  • 張景岳の熟地黄の運用に関する一考察 / 平馬直樹 / p125~129
  • 本草家の墓所廻り / 伊藤和洋 / p130~136
  • 芍薬甘草附子湯証 / 小倉重成 / p137~140
  • 時差経絡テクニック及びその他 / 土本重 / p141~149
  • 大棗の研究から / 西岡五夫 / p149~151
  • 方剤の合方問題 / 山本巌 / p152~162
  • 百会診の検討 / 村松睦 / p162~164
  • 六角重任筆記「古方便覧」 / 鎌田慶市郎 / p165~166
  • 動物の経絡についての疑問 / 谷田伸治 / p167~179
  • 漢方医界MEMO 昭和59年2月 / 協会本部 / p180~181
  • 編集後記 / / p182~182

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 31(3)(355)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1984-03
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想