The Japanese journal of antibiotics  34(10)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 外科領域臨床分離菌のアミノ配糖系抗生物質に対する感受性およびTobramycin点滴静注法の意義について / 岩井//重富 / p1355~1365<2361028>
  • 臨床分離菌に対するCefmenoximeと他のCephalosporin剤の抗菌力の比較 / 小栗//豊子
  • 小酒井//望 / p1366~1386<2361029>
  • 化膿性骨髄炎に於けるFosfomycin-Na塩の使用経験 / 中野//謙吾
  • 畑中//生稔
  • 楊//鴻生 / p1387~1394<2361025>
  • アモキシシリンの作用時間と抗菌効果について--In vitroの殺菌作用 / 河内//毅 / p1395~1400<2361027>
  • 胆道感染症の化学療法-14-Piperacillinの胆汁中移行と胆嚢組織内濃度 / 谷村//弘 / p1401~1409<2361024>
  • Cefamandoleが有効と思われたAmpicillin耐性E.coliによる新生児化膿生髄膜炎の1治験例 / 山本//崇晴 / p1410~1415<2361023>
  • Cefsulodinに関する基礎的・臨床的検討 / 熊坂//義裕 / p1416~1421<2361026>
  • 日本抗生物質学術協議会特別講演会記録 / / p1422~1423
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CCVIII / / p1365~1365,1386~1386,1394~1394,1400~1400,1409~1409,1415~1415,1424~1425
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CLXXXII / / p1426~1428

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 34(10)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1981-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想