The Japanese journal of antibiotics  33(7)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 体外循環における抗生物質の濃度推移 / 松下//功 / p705~710<2219439>
  • Amikacin点滴静注の経験 / 土屋//純 / p711~715<2219441>
  • 外科的感染症に対するCefoxitinの臨床的検討 / 菊地//金男
  • 千葉//和男
  • 平山//隆 / p716~719<2219438>
  • Cefoxitinの腎機能に応じた使用法 / 関根//理
  • 薄田//芳丸
  • 平沢//由平 / p720~723<2219442>
  • ミノサイクリン(ミノマイシン)の新らしい経口投与法 / 児玉//武利
  • 滝井//昌英 / p724~727<2219444>
  • モルモットの実験的白癬菌感染に対するNanaomycin Aの治療効果 / 北浦//皓三 / p728~732<2219440>
  • Fosfomycin-Ca塩の生殖に及ぼす影響-3-ラットの周産期および授乳期投与試験 / 小枝//武美
  • 森口//政英
  • 畑//俊明 / p733~737<2219443>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXCIII / / p715~715,719~719,723~723,732~732,738~742
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CLXVII / / p743~748

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 33(7)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1980-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想