アレルギー科  9(5)(53)

アレルギー科編集委員会 編

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 19 (4) (通号: 112) 2005.04~21 (6) (通号: 126) 2006.06;本タイトル等は最新号による;1巻1号通巻1号(平成8年1月)~21巻6号通巻126号(June 2006)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 IgEレセプター(FcεRI)とマスト細胞活性化-複合的な分子的実体の解明に向けて / / p399~446
  • 膜表面におけるレセプターの存在様態--Lipid rafts model / 宇高恵子 / p399~406
  • FcεRIシグナル経路におけるチロシンキナーゼのSH2ドメインの意義 / 鈴木毅,ほか / p407~415
  • マスト細胞に発現するSLP-76ファミリーアダプター分子(MIST) / 後飯塚僚 / p416~422
  • マスト細胞のIgEレセプター(FcεRI)を介するシグナル伝達における細胞膜ドメインの役割 / 山下俊之 / p423~428
  • 好酸球におけるFcεRIの発現制御機構 / 飯倉元保,ほか / p429~433
  • ヒトFcεRIα鎖転写活性化因子 / 高橋恭子,ほか / p434~440
  • ヒト可溶化FcεRIαによるIgE産生の抑制機序 / 柳原行義,ほか / p441~446
  • 抗体の成熟 / 古川功治 / p447~453
  • IgE抗体のH鎖可変部領域の特徴 / 坂東由紀,ほか / p454~460
  • 樹状細胞に発現するケモカイン受容体の免疫生物学 / 河﨑寛 / p461~468
  • マウス喘息モデルにおけるマスト細胞の役割 / 小林哲人 / p469~473
  • マスト細胞前駆細胞 / 田中あかね,ほか / p474~479
  • IL-18による好塩基球からのIL-4とIL-13の産生誘導 / 善本知広,ほか / p480~486
  • 次号予告 / / 号末
  • 投稿規定 / 伊藤幸治
  • 今野昭義
  • 玉置邦彦
  • 羅智靖 / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 アレルギー科
著作者等 科学評論社
アレルギー科編集委員会
書名ヨミ アレルギーカ
書名別名 Allergology
巻冊次 9(5)(53)
出版元 科学評論社
刊行年月 2000-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13417584
NCID AN10507298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想