JJNスペシャル  (41)

国立国会図書館雑誌記事索引 (69) 2001.04~;本タイトル等は最新号による;「看護学雑誌」の別冊;No.1(July 1986) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 本書を読まれるみなさんへ / 橋本信也 / p5~5
  • くすりについての基礎知識 / 橋本信也 / p6~21
  • 薬物治療における看護婦の役割 / p6~6
  • 『治療薬マニュアル』から学ぶ / p7~13
  • 作用(薬理作用)とは / p7~8
  • 適応とは / p8~8
  • 禁忌とは / p8~9
  • 慎重(投与)とは / p9~9
  • 動態とは / p9~12
  • 注意とは / p12~12
  • 相互作用とは / p12~13
  • 副作用とは / p13~13
  • 薬物投与の実際 / p14~21
  • 投与方法による効果の差 / p14~16
  • 薬剤アレルギー / p16~17
  • 配合禁忌とは / p17~17
  • 老年者・妊婦・小児の服薬で注意すべきこと / p17~19
  • 各種臨床検査値に影響を与える薬剤 / p19~20
  • 副作用についての情報システム / p20~20
  • 患者さんに注意してもらいたいこと / p20~21
  • 循環器系の薬 / 清水光行 / p22~39
  • 基礎知識 / p22~25
  • 血液の循環 / p22~23
  • 循環器系の生理 / p23~24
  • 循環器薬のはたらき / p24~25
  • 強心薬 / p26~31
  • ジギタリス / p27~30
  • カテコラミン製剤 / p30~31
  • 抗不整脈薬 / p32~34
  • I群の薬剤 / p32~34
  • Ia群 / p32~33
  • Ib群 / p34~34
  • Ic群 / p34~34
  • II群の薬剤 / p34~34
  • III群の薬剤 / p34~34
  • IV群の薬剤 / p34~34
  • 抗狭心症薬 / p35~39
  • 亜硝酸剤 / p35~37
  • β遮断薬(βブロッカー) / p37~39
  • カルシウム拮抗剤 / p39~39
  • 降圧薬,利尿薬 / 山岡広紀 / p40~53
  • 基礎知識 / p40~42
  • 高血圧の血行動態 / p40~40
  • 高血圧の定義,診断,治療 / p40~42
  • 利尿薬 / p43~45
  • サイアザイド系および類似利尿薬 / p43~44
  • ループ利尿薬 / p44~45
  • カリウム保持性利尿薬 / p45~45
  • 交感神経抑制薬 / p46~47
  • 交感神経抑制薬 / p46~47
  • メチルドパ / p46~46
  • クロニジン / p46~47
  • グアンファシン,グアナベンズ / p47~47
  • 交感神経末梢性作用薬 / p47~47
  • ラウオルフィア / p47~47
  • グアネチジン,ベタニジン / p47~47
  • α受容体遮断薬 / p47~48
  • β受容体遮断薬 / p49~50
  • 血管拡張薬 / p51~53
  • ヒドララジン / p51~51
  • カルシウム拮抗薬 / p51~52
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬 / p52~53
  • 呼吸器系の薬 / 島田孝夫 / p54~62
  • 基礎知識 / p54~62
  • 呼吸器のしくみとはたらき / p54~55
  • 呼吸器疾患の起こるメカニズム / p55~56
  • 去痰薬・鎮咳薬 / p57~59
  • 気管支拡張薬 / p57~59
  • β刺激薬 / p57~58
  • キサンチン誘導体 / p58~59
  • 抗コリン剤 / p59~59
  • 抗アレルギー薬 / p60~60
  • ステロイド剤 / p61~62
  • 胃腸系の薬 / 野原秋男
  • 山田弘徳 / p63~77
  • 基礎知識 / p63~64
  • 消化器系のしくみ / p63~64
  • 消化器系の生理 / p63~63
  • 胃炎に対する薬剤 / p65~66
  • 制酸剤 / p65~66
  • 抗コリン剤 / p66~66
  • 消化性潰瘍治療剤 / p67~71
  • ヒスタミンH₂受容体拮抗薬 / p67~70
  • プロトンポンプ阻害薬 / p70~70
  • ムスカリン受容体拮抗薬 / p70~70
  • 防御因子増強薬 / p70~71
  • 胃腸運動調節薬 / p71~71
  • 下剤 / p72~74
  • 機械的下剤 / p72~73
  • 刺激性下剤 / p73~74
  • 自律神経刺激剤 / p74~74
  • その他 / p74~74
  • 止痢薬 / p75~77
  • 腸運動抑制剤 / p76~77
  • 収斂剤 / p77~77
  • 吸着剤 / p77~77
  • 殺菌防腐剤 / p77~77
  • 乳酸菌製剤 / p77~77
  • サルファ剤のサラゾスルファピリジン / p77~77
  • 肝・胆・膵の藥 / 帆足誠司
  • 山田弘徳 / p78~89
  • 基礎知識 / p78~79
  • 肝臓のしくみとはたらき / p78~78
  • 胆道系のしくみとはたらき / p78~78
  • 膵臓のしくみとはたらき / p79~79
  • 利胆薬(胆石溶解薬) / p80~81
  • 胆石溶解薬(胆汁酸利胆薬) / p80~81
  • 肝疾患治療薬 / p82~85
  • 肝庇護薬 / p82~83
  • 抗肝炎ウイルス薬(インターフェロン) / p83~83
  • 肝性昏睡(高アンモニア血症)治療薬 / p83~85
  • 免疫調整薬 / p85~85
  • 漢方薬 / p85~85
  • 膵疾患治療薬 / p86~89
  • 抗酵素剤 / p86~87
  • 鎮痛薬・鎮痙薬 / p87~89
  • 消化酵素剤 / p89~89
  • 内分泌・代謝疾患の薬 / 佐々木敬 / p90~108
  • 基礎知識 / p90~91
  • 内分泌系のしくみとはたらき / p90~91
  • 内分泌疾患へのアプローチ / p91~91
  • 甲状腺疾患の治療薬 / p91~95
  • 甲状腺機能亢進症の薬剤 / p91~95
  • 抗甲状腺剤 / p92~94
  • ヨード / p94~94
  • 補助の薬物療法 / p94~95
  • 甲状腺機能低下症の治療薬 / p95~95
  • 糖尿病用薬剤 / p96~101
  • インスリン製剤 / p97~98
  • 経口血糖降下剤 / p98~101
  • スルホニル尿素剤 / p99~100
  • ビグアナイド剤 / p100~101
  • 食後過血糖改善剤 / p101~101
  • 高脂血症治療薬 / p102~106
  • 胆汁酸結合性レジン(陰イオン交換樹脂) / p103~104
  • HMG-CoA還元酵素阻害剤 / p104~105
  • ニコチン酸(ナイアシン) / p105~105
  • フィブレート誘導体 / p105~106
  • プロブコール / p106~106
  • その他の抗高脂血症剤 / p106~106
  • 痛風の治療薬 / p107~108
  • 急性痛風性関節炎の治療薬 / p107~108
  • 高尿酸血症および痛風結節の治療薬 / p108~108
  • 精神・神経系の薬 / 服部進 / p109~128
  • 基礎知識 / p109~109
  • 神経系のしくみ / p109~109
  • 神経系のはたらき / p109~109
  • 抗パーキンソン病薬 / p110~112
  • コリン作動薬 / p113~114
  • 筋弛緩薬 / p114~115
  • 脳代謝機能改善薬 / p115~117
  • 脳血管拡張薬 / p116~116
  • 脳代謝賦活剤 / p116~117
  • 脳圧降下薬,抗脳浮腫薬 / p117~118
  • 抗てんかん薬 / p118~119
  • 抗めまい薬 / p120~120
  • 頭痛薬 / p121~122
  • 片頭痛の治療薬 / p121~122
  • 片頭痛の予防薬 / p122~122
  • 抗うつ薬 / p122~123
  • 睡眠導入薬 / p124~124
  • 抗痴呆薬 / p124~125
  • その他の精神・神経系の薬 / p125~128
  • 抗血小板薬 / p125~126
  • 血栓溶解薬 / p126~127
  • 副腎皮質ステロイド薬 / p127~128
  • 抗ウイルス薬 / p128~128
  • 抗癌剤 / 小林直 / p129~149
  • 基礎知識 / p129~137
  • 癌の増殖と治療戦略のモデル / p129~130
  • 癌化学療法の役割 / p130~131
  • 抗癌剤はどのように効くのか / p131~134
  • 抗癌剤の薬物動態 / p134~134
  • 多剤併用化学療法 / p134~135
  • 癌の薬剤耐性 / p135~136
  • 抗癌剤の副作用と投与量 / p136~137
  • 抗癌剤の分類 / p137~137
  • アルキル化剤 / p138~140
  • 代謝拮抗剤 / p141~143
  • 葉酸拮抗剤 / p141~141
  • ピリミジン拮抗剤 / p141~143
  • プリン拮抗剤 / p143~143
  • 抗癌性抗生物質 / p144~145
  • 植物由来の抗癌剤 / p146~146
  • ビンカアルカロイド / p146~146
  • エピポドフィロトキシン / p146~146
  • ホルモン剤・ホルモン拮抗剤 / p147~147
  • その他の抗癌性物質 / p148~149
  • L-アスパラギナーゼ / p148~149
  • 生物反応修飾物質 / p149~149
  • 血液系の薬 / 小林直 / p150~162
  • 基礎知識 / p150~152
  • 造血幹細胞と造血因子 / p150~150
  • 止血のしくみ / p150~152
  • 線溶のしくみ / p152~152
  • 造血剤 / p153~156
  • 鉄剤 / p153~153
  • ビタミンB₆ / p153~154
  • ビタミンB₁₂ / p154~154
  • 葉酸 / p154~155
  • タンパク同化ステロイド剤 / p155~156
  • 副腎皮質ステロイド剤 / p156~156
  • エリスロポエチン / p156~156
  • G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子) / p156~156
  • 止血剤 / p157~159
  • 血管強化剤 / p157~157
  • 凝固促進剤 / p157~158
  • 抗線溶剤 / p158~159
  • その他 / p159~159
  • 抗血栓剤 / p160~162
  • 抗凝固剤 / p160~162
  • ヘパリン / p160~161
  • ワルファリンカリウム(ワーファリン(R)) / p161~161
  • 合成抗トロンビン剤 / p161~162
  • 血栓溶解剤 / p162~162
  • 血小板凝集抑制剤 / p162~162
  • 抗生物質 / 浅井治 / p163~175
  • 基礎知識 / p163~167
  • 病原微生物の種類 / p163~164
  • 感染症の成立 / p164~165
  • 抗生物質の吸収 / p165~166
  • 抗生物質の排泄 / p166~166
  • 抗生物質の体内分布 / p166~167
  • 妊娠時の抗生物質療法 / p167~167
  • 抗菌薬 / p168~173
  • ペニシリン系抗生物質 / p168~169
  • セフェム系抗生物質 / p169~170
  • カルバペネム系抗生物質 / p170~170
  • モノバクタム系抗生物質 / p170~170
  • アミノ配糖体系抗生物質 / p170~171
  • マクロライド系抗生物質 / p171~171
  • リンコマイシン,クリンダマイシン / p171~172
  • テトラサイクリン系抗生物質 / p172~172
  • クロラムフェニコール / p172~172
  • 合成抗生物質 / p172~173
  • 抗結核薬 / p173~173
  • 抗真菌薬 / p174~174
  • 抗深在性真菌症薬 / p174~174
  • 抗ウイルス薬 / p175~175
  • 抗ヘルペス属薬 / p175~175
  • 抗炎症薬 / 黒坂大太郎 / p176~187
  • 基礎知識 / p176~177
  • 炎症とは何か / p176~176
  • 化学物質と炎症 / p176~177
  • 非ステロイド性抗炎症薬 / p178~181
  • 副腎皮質ステロイド薬 / p182~185
  • その他の抗炎症薬 / p186~187
  • 消化酵素剤 / p186~186
  • 抗リウマチ薬 / p186~187
  • 金塩 / p186~187
  • D-ペニシラミン(メタルカプターゼ(R)) / p187~187
  • ブシラミン(リマチル(R)) / p187~187
  • 免疫抑制剤 / p187~187
  • 抗ヒスタミン剤 / p187~187
  • 資料 / 橋本信也 / p188~189
  • 資料1 主なくすりと注意すべき飲食物・嗜好品 / p188~188
  • 資料2 処方箋の略号 / p189~189
  • 索引 / p190~196

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 JJNスペシャル
著作者等 医学書院
書名ヨミ JJN スペシャル
書名別名 JJN special

JJN supesharu
巻冊次 (41)
出版元 医学書院
刊行年月 1994-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09123741
NCID AN10039371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00050570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想