民医連医療  (136)

全日本民主医療機関連合会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 232) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;[ ]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 慢性疾患管理と患者会活動 その到達点と今後 / / ~63
  • 座談会 慢性疾患管理と患者会活動 (上) 民医連における到達点と今後の方向性をさぐる / 竹中正典
  • 清水巍
  • 平尾紘一 / p10~19
  • 民医連における慢性疾患管理と患者会活動 民医連運動交流集会の論議と「患者をまきこんだ民主的集団医療」の提起 / 清水巍 / p20~27
  • 大規模病院における慢性疾患管理のあり方をめぐって / 本庄庸 / p28~35
  • 民医連医師 その歩みとロマンを語る (15) / 仲西常雄 / p54~58
  • 私と民医連 30年の歴史から (16) / 桂博澄 / p59~63
  • 自覚症状からみた胃癌の検討 / 原和人 ほか / p69~73
  • 本の紹介 宇田川次保著「戦後医療労働運動史」 / 山口康夫 / p64~64
  • MINI-INFORMATION / 松石秀介 / p1~1
  • わが町わが院所 長野・諏訪共立病院 / 森正明 / p4~4
  • カメラルポ 長野・健和会病院を訪ねて / 吉田一法 / p68~68
  • 読者のひろば / 秋山武彦
  • 堀江美保子
  • 忠貞美子
  • 宮崎成子
  • 加茂京子 / p74~75
  • 編集部から / 小林
  • 高橋
  • 及川 / p76~76
  • 慢性疾患管理と患者会活動の実践 第6回民医連運動交流集会の報告の中から / / p36~53
  • 慢患グループを編成しての活動とその留意点 / 曽根節子 / p36~38
  • 15年の糖尿病患者会の歩みをふり返って / 平尾節子 / p38~40
  • 「総合医療室」を設置するに至った経過とその活動 / 中森友子 / p40~41
  • 自主的患者会「長生会」の活動から学ぶ / 中西裕康 / p42~43
  • 慢性疾患に対応したカルテづくりの工夫 / 松本光正 / p43~46
  • 自主性と自覚性は組合員を信頼することから / 向田洋子 / p46~47
  • 診療所での慢性疾患管理の努力 / 古野ゆみ子 / p48~49
  • 胃切患者の体験交流の場「胃袋の会」 / 岡田信二 / p49~50
  • 若年妊婦の学級活動 / 伊藤記久子 ほか / p50~51
  • リーダーの自覚をはぐくみながらのサマーキャンプ / 深尾幸子 / p51~52
  • 肛門患者会をつくって / 植田文枝 ほか / p53~53

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 民医連医療
著作者等 全日本民主医療機関連合会
書名ヨミ ミンイレン イリョウ
巻冊次 (136)
出版元 全日本民主医療機関連合会
刊行年月 1983-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02852241
NCID AN0023657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想