臨床精神病理 = Japanese journal of psychopathology  14(1)(41)

日本精神病理学会 編

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (2) 1996.08~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 星和書店 (1巻1号-14巻4号)→ 日本精神病理学会 (15巻1号-25巻2号)→日本精神病理・精神療法学会 (25巻3号-34巻2号);1巻1号 (1980年7月)-6巻2号 (1985年11月) ; 7巻1号 = 13号 (1986年3月)-;出版地の変更あり;出版者変遷: 星和書店 (1巻1号-14巻4号)→ 日本精神病理学会 (15巻1号-25巻2号)→日本精神病理・精神療法学会 (25巻3号-34巻2号);総目次: 14巻4号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 精神病理学の意義と展望(日本精神病理学会第15回大会) / / p5~50
  • 特集にあたって--精神病理学の危機 / 永田俊彦 / p5~6
  • 「欲望」の精神病理学に向けて--精神病理学固有の困難とLacan理論の可能性 / 鈴木國文 / p7~14
  • 精神病理学における「記述」とは何か / 中安信夫 / p15~31
  • 精神病理学の「遊び」 / 松本雅彦 / p33~41
  • 精神病理学における言説の可能性について / 内海健 / p43~48
  • シンポジウムを終えて / 新宮一成 / p49~50
  • 寡症状性分裂病における強迫現象について--防衛的構造力動を中心に / 庄田秀志 / p53~68
  • 妄想の不動点としての身体的なもの--においパラノイアの一例から / 南淳三 / p69~83
  • 学会印象記 日本精神病理学会第15回大会を振り返って / 清水將之 / p85~87
  • 投稿規定 / / p2~2
  • 公募論文「境界例のケーススタディ」のお知らせ / / p6~6
  • 次号・近刊予告 / / p6~6
  • 会告 / / p41~41,87~87
  • 編集後記・バックナンバー一覧 / I.T. / p88~88

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神病理 = Japanese journal of psychopathology
著作者等 日本精神病理学会
日本精神病理精神療法学会
星和書店
日本精神病理・精神療法学会
書名ヨミ リンショウ セイシン ビョウリ = Japanese journal of psychopathology
書名別名 Japanese journal of psychopathology

Rinsho seishin byori
巻冊次 14(1)(41)
出版元 日本精神病理学会
刊行年月 1993-03
ページ数
大きさ 23-26cm
ISSN 03893723
NCID AN00334783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00034475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想