救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  20(1)(225)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 熱傷
  • 最新治療マニュアル / 相川直樹 / p2~113
  • エディトリアル 熱傷の治療 The Art and Science / 相川直樹 / p1~1
  • 1. 発生頻度と原因 / 井砂司 他 / p2~3
  • 2. 熱傷の診断と重症度判定 / 猪口貞樹 他 / p4~6
  • 3. 広範囲熱傷患者の初期治療 / / p7~17,20~27,30~35
  • (1) 搬送・救急処置 / 後藤英昭 他 / p7~7
  • (2) 初期輸液と循環管理 / / p8~17
  • (1) 輸液公式 / 行岡哲男 他 / p8~10
  • (2) 熱傷急性期のHLS輸液 / 松岡哲也 他 / p11~13
  • (3) 循環モニターと血管作動薬 / 鈴木幸一郎 他 / p14~15
  • (4) コンピュータによる輸液管理 / 明石学 他 / p16~17
  • (3) 広範囲熱傷患者の呼吸管理 / 世良昭彦 他 / p20~21
  • (4) 腎機能障害対策 / 鍬方安行 他 / p22~24
  • (5) SIRSと薬物療法 / 篠澤洋太郎 他 / p25~27
  • (6) 急性胃粘膜病変対策 / 青木克憲 他 / p30~32
  • (7) 創処置の実際 / 迎伸彦 他 / p33~35
  • 4. 栄養管理 / 長谷部正晴 / p37~39
  • 5. 感染症対策 / / p40~45
  • (1) 感染予防対策 / 福田充宏 他 / p40~42
  • (2) 熱傷創感染の治療 / 田熊清継 / p43~45
  • 6. 早期切除 / / p47~55
  • (1) 早期切除の実際 / 辺見弘 / p47~51
  • (2) 切除創の被覆・閉鎖法 / 塩野茂 他 / p52~53
  • (3) 超早期切除とその限界 / 齋藤大蔵 他 / p54~55
  • 7. 創被覆材 / / p56~60
  • (1) Biological dressing / 菅又章 / p56~57
  • (2) 新しい創被覆材料 / 佐々木淳一 他 / p58~60
  • 8. 皮膚移植と培養皮膚・人工皮膚の臨床応用 / / p62~64,66~73,75~77
  • (1) 同種凍結保存皮膚 / 川井真 他 / p62~64
  • (2) 同種・異種皮膚移植 / 青山久 他 / p66~67
  • (3) 培養表皮 / 矢永博子 他 / p68~70
  • (4) 同種線維芽細胞による代用真皮 / 阿部清秀 他 / p71~73
  • (5) 同種複合培養真皮シート / 黒柳能光 他 / p75~75
  • (6) 人工真皮(テルダーミス(R)) / 吉田哲憲 / p76~77
  • 9. 気道熱傷患者の診断と治療 / 金澤源 他 / p78~79
  • 10. 熱傷患者の麻酔と疼痛管理 / 野口宏 / p80~71
  • 11. 小児の熱傷 大人と異なる特徴 / 前田華郎 / p83~85
  • 12. 特殊部位の熱傷の治療 / / p86~90,92~93
  • (1) 顔面・頸部熱傷 / 佐々木健司 他 / p86~87
  • (2) 手指の熱傷 / 藤井徹 / p88~90
  • (3) 会陰部・肛門周囲の熱傷 / 鈴木康治 / p92~93
  • 13. 化学損傷 / 大島良夫 / p94~96
  • 14. 電撃傷・雷撃傷 / 大橋正次郎 / p97~99
  • 15. 小範囲熱傷患者の外来治療法 / 古川雅祥 他 / p100~101
  • 16. トピックス / / p102~113
  • (1) 新しい軟膏製剤 プロスタグランジンE₁含有軟膏を中心として / 小野一郎 他 / p102~105
  • (2) 熱傷瘢痕の予防 / 森口隆彦 / p106~107
  • (3) スキンバンクネットワークと皮膚ドネーション / 田中秀治 他 / p108~113
  • 心肺停止症例に対する救急搬送中のモニタ-としてのパルスオキシメ-タ-(N-20P),呼気終末期炭酸ガス検出器(EASY CAP)の有用性について / 行岡//秀和
  • 新藤//光郎
  • 中谷//桂治 / 115~118<3919723>
  • 症例報告 両側内頸動脈閉塞症の診断においてmagnetic resonance angiographyが有用であった1治験例 / 村井保夫 他 / p119~122
  • 書評 / 滝口雅博 / p96~96
  • お知らせ / / p27~27,32~32,39~39,70~70,73~73
  • バックナンバー / / p113~113
  • 投稿規定 / / p123~123
  • 次号予告 / / p124~124

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine

Kyukyu igaku
巻冊次 20(1)(225)
出版元 へるす
刊行年月 1996-01
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想