救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  14(12)(158)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 外傷 / 大塚敏文
  • 山本保博 / p1435~1777
  • エディトリアル 外傷外科医の育成を / 大塚敏文 / p1435~1436
  • Part 1 I 外傷患者の初期治療 / / ~1471,1473~1496
  • Part 1 1. 外傷患者のみかた / 真栄城優夫 / p1438~1442
  • Part 1 2. 救急蘇生法のポイント / 王子佳宣 他 / p1443~1447
  • Part 1 3. 輸血・輸液の目安とタイミング / 山本保博 / p1448~1452
  • Part 1 4. 止血法の選択 / 坂本哲也 他 / p1453~1457
  • Part 1 5. 創の清浄化,débridement / 渡辺満喜江 / p1458~1461
  • Part 1 6. 縫合と創傷治癒 / 遠藤幸男 / p1462~1471
  • Part 1 7. 感染対策 / 田熊清継 他 / p1473~1479
  • Part 1 8. アルコール飲酒を伴う外傷 / 中谷寿男 / p1480~1483
  • Part 1 9. 臓器機能保護 / 大竹喜雄 他 / p1484~1489
  • Part 1 10. 重症度評価指標の使い方 / 白川洋一 / p1490~1496
  • Part 1 II 受傷機転別にみた外傷患者の特徴 / / p1497~1502,1504~1520,1522~1523,1525~1529
  • Part 1 1. 交通事故 / 小林謙二 他 / p1497~1501
  • Part 1 2. 墜転落 / 葛西猛 / p1504~1505
  • Part 1 3. 重量物の落下による外傷形態 / 杉本壽 / p1506~1507
  • Part 1 4. 「殴る・蹴る」,「挟圧」による外傷 / 切田学 他 / p1508~1513
  • Part 1 5. 刺創 / 千代孝夫 / p1514~1516
  • Part 1 6. 銃創 / 千代孝夫 / p1517~1520
  • Part 1 7. 凍傷 / 若松信吾 / p1522~1523
  • Part 1 8. 刺咬症 / 宮城良充 / p1525~1527
  • Part 1 9. 杙創 / 安田和弘 / p1528~1529
  • Part 2 I 頭部外傷 / / ~1547
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 永松香
  • 澤田祐介 / p1532~1532
  • Part 2 1. 頭蓋軟部組織損傷 / 永松香 他 / p1533~1535
  • Part 2 2. 頭蓋骨骨折 / 永松香 他 / p1536~1539
  • Part 2 3. 頭蓋内血腫 / 澤田祐介 他 / p1540~1543
  • Part 2 4. 脳損傷 / 永松香 他 / p1544~1547
  • Part 2 II 顔面・頸部外傷 / / p1549~1564
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 百束比古
  • 大久保正智 / p1549~1549
  • Part 2 1. 顔面軟部組織損傷 / 百束比古 他 / p1550~1552
  • Part 2 2. 顔面骨骨折 / 百束比古 他 / p1553~1557
  • Part 2 3. 顎口腔損傷 / 百束比古 他 / p1558~1560
  • Part 2 4. 頸部軟部組織損傷 / 大久保正智 他 / p1561~1564
  • Part 2 III 胸部外傷 / / p1565~1588,1589~1599
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 前中由巳 / p1565~1565
  • Part 2 1. 開放性胸壁損傷 / 前中由巳 他 / p1566~1569
  • Part 2 2. 肋骨骨折,胸骨骨折,flail chest / 前中由巳 他 / p1570~1576
  • Part 2 3. 肺損傷 / 加藤良一 他 / p1577~1581
  • Part 2 4. 気管・気管支損傷 / 小林紘一 他 / p1582~1585
  • Part 2 5. 食道損傷 / 堀之内宏久 他 / p1586~1588
  • Part 2 6. 心損傷 / 三角隆彦 他 / p1589~1592
  • Part 2 7. 大血管損傷 / 廣谷隆 他 / p1593~1595
  • Part 2 8. 横隔膜損傷 / 堀之内宏久 他 / p1596~1599
  • Part 2 IV 腹部外傷(後腹膜臓器を含む) / / p1601~1616,1618~1629,1631~1648
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 加来信雄 / p1601~1601
  • Part 2 1. 腹壁損傷 / 小林良三 / p1602~1605
  • Part 2 2. 脾損傷 / 小林良三 / p1606~1611
  • Part 2 3. 肝損傷 / 加来信雄 / p1612~1616
  • Part 2 4. 胃損傷 / 加来信雄 / p1618~1619
  • Part 2 5. 十二指腸損傷 / 加来信雄 / p1620~1623
  • Part 2 6. 膵損傷 / 加来信雄 / p1624~1629
  • Part 2 7. 小腸損傷 / 荒木恒敏 他 / p1631~1634
  • Part 2 8. 腸間膜損傷 / 荒木恒敏 他 / p1635~1638
  • Part 2 9. 大腸損傷 / 坂本照夫 他 / p1639~1641
  • Part 2 10. 腎・尿路系損傷 / 坂本照夫 他 / p1642~1648
  • Part 2 V 骨盤・四肢外傷 / / p1649~1667
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 島崎修次
  • 前村達 / p1649~1649,1654~1655,1660~1660
  • Part 2 1. 骨盤骨折 / 島崎修次 他 / p1650~1653
  • Part 2 2. 四肢骨折 / 前村達 他 / p1656~1659
  • Part 2 3. 四肢切断 / 前村達 他 / p1661~1663
  • Part 2 4. 血管損傷を伴う四肢骨折 / 島崎修次 他 / p1664~1667
  • Part 2 VI 脊椎・脊髄外傷 / / p1669~1686
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 星秀逸 / p1669~1669
  • Part 2 1. 頸椎・頸髄損傷 / 星秀逸 / p1670~1676
  • Part 2 2. 胸椎・腰椎損傷 / 星秀逸 / p1677~1682
  • Part 2 3. 脊髄損傷(頸髄を除く) / 星秀逸 / p1683~1686
  • Part 2 VII 多発外傷 / / p1687~1694
  • Part 2 診断・治療アルゴリズム / 新藤正輝
  • 杉本勝彦
  • 前川和彦 / p1687~1687
  • Part 2 多発外傷 / 新藤正輝 他 / p1688~1693
  • Part 2 VIII 軟部組織損傷 / / p1694~1703
  • Part 2 1. 広範な皮膚欠損を伴う軟部組織損傷 / 今眞人 他 / p1694~1696
  • Part 2 2. Degloving injury / 米山公造 他 / p1697~1699
  • Part 2 3. 会陰部損傷 / 朝比奈完 他 / p1700~1703
  • Part 2 IX 特殊な外傷 / / p1704~1715
  • Part 2 1. 刺咬症 / 宮城良充 / p1704~1707
  • Part 2 2. 凍傷 / 若松信吾 / p1708~1711
  • Part 2 3. 杙創 / 安田和弘 / p1712~1713
  • Part 2 4. Traumatic asphyxia / 大谷美奈子 / p1714~1715
  • Part 2 X 続発する合併症対策 / / p1716~1732,1733~1738
  • Part 2 1. ARDS / 篠崎正博 / p1716~1720
  • Part 2 2. 急性腎不全 / 吉永和正 / p1721~1724
  • Part 2 3. DIC / 佐々木勝 他 / p1725~1728
  • Part 2 4. MOF / 田伏久之 他 / p1729~1732
  • Part 2 5. 脳死の現況と問題点 / 桂田菊嗣 / p1733~1738
  • Part 2 付I 外傷をめぐる法的諸問題 / / p1739~1757
  • Part 2 1. 診断書の作成 / 谷村仲一 / p1739~1744
  • Part 2 2. 死亡診断書の作成 / 谷村仲一 / p1745~1751
  • Part 2 3. 監察医制度,検死制度 / 若杉長英 / p1752~1757
  • Part 2 付II 外傷治療に必要な薬剤の使い方 / / p1759~1777
  • Part 2 1. 救急時における消毒剤の使い方 / 早田道治 / p1759~1761
  • Part 2 2. 止血薬の使い方 / 伊東範行 / p1762~1765
  • Part 2 3. ショック時における薬剤の使い方 / 吉成道夫 / p1766~1769
  • Part 2 4. 鎮痛・鎮静薬の使い方 / 山下衛 他 / p1770~1773
  • Part 2 5. 麻酔薬の使い方 / 豊岡秀訓 / p1774~1775
  • Part 2 6. 感染防止のための薬剤の使い方 / 瀧野昌也 他 / p1776~1777
  • 投稿規定・バックナンバー / / p1783~1783
  • 次号予告 / / p1784~1784

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine

Kyukyu igaku
巻冊次 14(12)(158)
出版元 へるす
刊行年月 1990-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想