救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  20(9)(233)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 SlRSと救急医学 / 平澤博之 / p1001~1126<4029823>
  • エディトリアル 編集にあたって / 平澤博之 / p1001~1001
  • SIRSの概念・定義と提唱の背景 / 相川 直樹 / 1003~1007<4029825>
  • SIRSの診断基準の問題点 / 河辺 統一 / 1010~1014<4029826>
  • SIRSの発症頻度とその転帰 / 薊 隆文 / 1015~1018<4029827>
  • EndotoxemiaとSIRS / 稲田 捷也 / 1021~1024<4029829>
  • Bacterial translocationとSIRS / 福島 亮治 / 1025~1028<4029830>
  • 感染症とSIRS / 横山 隆 / 1029~1033<4029831>
  • 外傷とSIRS/MODS / 池上 敬一 / 1035~1039<4029832>
  • 熱傷とSIRS / 今泉 均 / 1040~1046<4029833>
  • 急性膵炎とSIRS / 杉山 貢 / 1047~1050<4029834>
  • 重症化するSIRS症例の診断法 / 北村 伸哉 / 1051~1055<4029835>
  • SIRSとsecond attack theory / 小川 道雄 / 1057~1061<4029836>
  • SIRSと凝固線溶系および血管内皮細胞の関与 / 丸藤 哲 / 1063~1068<4029837>
  • SIRSの病態生理
  • ホルモン・サイトカインの面から / 若林 剛 / 1069~1072<4029838>
  • SIRSと接着因子 / 射場 敏明 / 1073~1076<4029839>
  • SIRS症例の循環動態および組織酸素代謝 / 漢那 朝雄 / 1077~1081<4029840>
  • SIRS対策の基本方針 / 平沢 博之 / 1085~1088<4029842>
  • SIRS対策としてのステロイド / 佐山 淳造 / 1089~1091<4029843>
  • SIRS対策としてのprotease inhibitor / 薄場 彰 / 1093~1097<4029844>
  • 手術侵襲とSIRSおよび麻酔の影響 / 小川 竜 / 1099~1104<4029845>
  • SIRS対策としての持続的血液濾過透析(CHDF) / 松田 兼一 / 1105~1109<4029846>
  • SIRS対策としてのendotoxin吸着 / 兼坂 茂 / 1111~1115<4029847>
  • SIRS対策としての低体温療法 / 林 成之 / 1117~1120<4029848>
  • SIRS対策とMODSの予防 / 菅井 桂雄 / 1121~1126<4029849>
  • 書評 / 小濱啓次 / p1068~1068
  • お知らせ / / p1033~1033,1115~1115
  • バックナンバー / / p1039~1039
  • 次号予告 / / p1128~1128

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine
巻冊次 20(9)(233)
出版元 へるす
刊行年月 1996-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想