月刊放送ジャーナル  18(6)(192)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 加速度増す郵政省の地方情報化対策 四全総うけ新たな推進体制確立へ / D / p18~18
  • 放送普及基本計画・周波数使用計画等 主要地域FM2、TV5系統以上 / A / p19~19
  • 各種データの継続蓄積も課題に 視聴質問題へ本格的論議を期待 / N / p20~20
  • DASHグループ、48ch機で合意 日・米・英で同時記者会見 / Y / p21~21
  • 特集 ′88日本のCATVの現況 / / p29~51
  • 開局ラッシュの多チャンネルCATV 許可済20社23施設の概況 / 編集部 / p29~31
  • 62年後半~63年春開局の多チャンネルCATV局の全容 / / p32~45
  • (1)OCV(株)小田急情報サービス / / p32~33
  • (2)KOB高知ケーブルテレビ(株) / / p34~35
  • (3)ICNインターナショナルケーブルネットワーク(株) / / p36~37
  • (4)BCN文京ケーブルネットワーク(株) / / p38~39
  • (5)KCN近鉄ケーブルネットワーク(株) / / p40~41
  • (6)SCAT札幌ケーブルテレビジョン(株) / / p42~43
  • (7)YCV横浜ケーブルビジョン(株) / / p44~45
  • 最新データ・日本の有線テレビジョン放送の現況 施設数4万4千、加入者数538万~62年度末現在・郵政省放送行政局有線放送課まとめ~ / 編集部 / p46~51
  • 第37回NCTA大会"CABLE′88"レポート 7年前のロス大会以来大発展 加入率2倍、売上げ3倍、視聴シェア10倍 / 松平恒 / p60~64
  • 第12回「全国CATV自主制作番組を観る会」レポート 12回目を迎えた「きみはCATVを観たか」 / 山本諭 / p52~53
  • CATV関連3団体通常総会レポート 社団法人日本CATV連盟 / / p66~67
  • CATV関連3団体通常総会レポート 社団法人日本CATV技術協会 / S / p68~69
  • CATV関連3団体通常総会レポート CATV番組供給者協議会 / S / p70~71
  • グラビア 第37回NCTA大会"CABLE′88"in Los Angeles /
  • 第14回『日本CATV大賞』 自主番組コンクール開催にあたって<作品募集要項> / 「日本CATV大賞」自主番組コンクール実施事務局
  • (株)放送ジャーナル社 / p14~15
  • 熱戦の舞台裏、小規模局の報道は…… 注目の'88県知事選--テレビ埼玉「奮戦記」 / 高橋忠治 / p74~75
  • 変貌する世界のメディア (120) HDTVの周辺 / 片方善治 / p82~85
  • TX系(株)テレビ北海道予備免許の全容 前日競願取下げパーフェクト一本化 / 編集部 / p76~77
  • 郵政省定期6月人事異動 奥山事務次官新体制 / / p80~81
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p86~89
  • フォト・トピックス / / p4~
  • ニュース・スポット / / p22~25
  • FM放送調査情報 / / p78~79
  • MONTHLY MEMO / / p91~91
  • ビデオ・トピックス / / p92~93
  • 新製品紹介 / / p94~95
  • 編集局 / S / p96~96
  • 既刊案内 / / p97~97

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 18(6)(192)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1988-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想