大阪大学医学雑誌  43(5)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • NODマウスの糖尿病発症におけるレトロウイルスの役割に関する研究--特に膵島におけるgag蛋白p30の存在について / 中川智左 / p1~8
  • 鼻腔内水痘生ワクチン再接種によって誘導される局所免疫と再感染防止機構に関する研究 / 大隅よしこ / p9~17
  • 酸分泌および胃ヒスチジン脱炭酸酵素活性に及ぼすコレシストキニンの効果 / 川端成治 / p19~24
  • 禅宗修行食の血清脂質低下作用に及ぼす血清脂肪酸組成の変化及びアポE表現型の影響 / 髙間俊夫 / p25~31
  • 飲酒による高比重リポ蛋白(HDL)-コレステロール増加機序の検討--アルコールによるコレステリルエステル転送蛋白活性の抑制 / 平野賢一 / p33~40
  • アミロイドーシスの一病因遺伝子の同定--トランスサイレチン(Ser⁵⁰→Arg) / 高橋信行 / p41~51
  • 炎症性腸疾患における血清ホスホリパーゼA₂活性の検討 / 南武志 / p53~60
  • 高速度超音波差分断層法の開発と循環器領域における臨床応用 / 石原謙 / p61~70
  • 急性膵炎及び内視鏡的逆行性膵管造影後における膵Phospholipase A₂の血中存在様式に関する研究 / 山本和子 / p71~77
  • ラット十二指腸内遊離脂肪酸投与のCCK分泌及びCCK mRNAに及ぼす影響 / 辻雅之 / p79~83
  • インターフェロンγのクラスII MHC抗原誘導作用に対するニコチナマイドと3アミノベンザマイドの抑制効果--培養ヒト血管内皮細胞及び線維芽細胞における検討 / 大塚章人 / p85~92

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition
巻冊次 43(5)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1991-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想