大阪大学医学雑誌  42(10)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 肺癌の予後決定因子に関する研究 / 中村憲二 / p1~17
  • ³¹PNMRよりみたstunned myocardiumに対する心停止下再酸素化法の検討 / 平石泰三 / p19~27
  • 肺癌患者の耐運動能と術後病院死の関係--循環面からの検討 / 中川勝裕 / p29~37
  • 肝切除後の肝細胞壊死に関する臨床的研究--Glutamic Oxaloacetic Transaminase(GOT)Isozymesの血中動態ならびに肝組織中含有量との関連性 / 角村純一 / p39~53
  • 胆汁外瘻の胆汁成分ならびに肝組織内脂質に及ぼす影響に関する実験的研究 / 仲原正明 / p55~65
  • 冠動脈バイパス術の術後早期における内胸動脈グラフトの流量および血流供給能に関する研究 / 平中俊行 / p67~73
  • 超低体温体外循環中の微小血管における蛋白透過性の変動に関する実験的研究 幼犬における流量と拍動の及ぼす影響について / 松木修 / p75~82
  • 偽性総動脈幹症根治手術後遠隔期における肺血行動態に関する研究 / 飯尾雅彦 / p83~89
  • ラット心移植モデルにおける細胞傷害性T細胞の解析--細胞傷害性T前駆細胞頻度からみた急性拒絶反応の制御機構 / 伊藤寿記 / p91~100
  • 巨大気腫性肺囊胞症における術後の呼吸困難改善の予測に関する研究 / 太田三徳 / p101~107
  • 心タンポナーデをきたした縦隔原発絨毛上皮癌の一例 心囊液細胞診及び剖検所見 / 佐伯和則
  • 片山正一
  • 宮本誠
  • 北村幸彦
  • 木戸良明
  • 柴本茂樹
  • 川上房男 / p109~114
  • 虚血性心疾患における冠血管抵抗値に関する研究 / 鬼頭義次 / p115~122

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition

Oosaka daigaku igaku zasshi
巻冊次 42(10)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1990-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想