臨床免疫  22(3)(237)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I サイトカイン反応のシナップス / / p335~383
  • サイトカインによるサイトカインの誘導 / 笠倉新平 / p335~344
  • サイトカインによるサイトカインの制御(TNFを例として) / 辻本雅文 / p345~352
  • サイトカインとヒスタミン遊離 / 平沢典保,ほか / p353~362
  • サイトカインとアラキドン酸代謝 / 赤真秀人 / p363~371
  • 急性期反応物質誘導因子 / 井川道春 / p372~383
  • 特集II サイトカインの炎症における関与 / / p384~432
  • 炎症反応とサイトカイン--概説 / 力石秀実,ほか / p384~392
  • 血管反応(血管透過性亢進,白血球血管外游走,血管新生)とサイトカイン / 小田隆治,ほか / p393~402
  • サイトカインによる好中球の活性化 / 湯尾明 / p403~412
  • 組織破壊と炎症性サイトカイン / 服部俊治,ほか / p413~421
  • 炎症から免疫応答へのシナップスとしてのサイトカイン / 後藤久美子,ほか / p422~432
  • 即時型アレルギ-とリンフォカイン / 末村//正樹 / p433~439<3658206>
  • エストロゲンはCD5⁺B細胞の自己抗体産生を誘導する / 飯島眞悟,ほか / p440~445
  • HIV感染におけるHHV-6の関与 / 栗村敬 / p446~448
  • リウマトイド因子のmonospecificityとpolyspecificity / 中村稔 / p449~455
  • HIV-1蛋白の免疫抑制 / 松田重三 / p456~462
  • T細胞機能と細胞外マトリックスレセプター / 上出利光,ほか / p463~469
  • 胸腺外におけるT細胞トレランス獲得 / 細野正道 / p470~476
  • 眼で見る臨床免疫 モノクローナル抗体の特徴を活かしたBioimmunoassayによるt-PA活性値の測定 / 山田誠一,ほか / p477~479
  • 肝疾患におけるリウマチ因子の動態と産生機序 / 山口幸一,ほか / p480~487
  • フローサイトメトリーを用いたKi-67核抗原保有細胞の検出 / 松田明,ほか / p488~494
  • 次号予告 / / 号末
  • 「免疫薬理」投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 前付

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 22(3)(237)
出版元 科学評論社
刊行年月 1990-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想