臨床免疫  24(4)(262)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 新しい免疫targeting療法 / / p459~507
  • スーパーアンチジェン結合抗体を用いた腫瘍の治療に向けて / 越智厚雄,ほか / p459~467
  • Superantigen依存性T細胞傷害(SDCC)による抗原提示細胞の除去 / 長沢正之 / p468~474
  • Biotin-AvidinでLAK細胞に抗体を結合させた新しいtargeting法 / 関根暉彬,ほか / p475~479
  • Bispecific抗体を用いた腫瘍の治療 / 吾妻安良太 / p480~488
  • Bispecific抗体を用いた微生物の除去 / 石坂明人,ほか / p489~494
  • ImmunotoxinによるGVH病の治療 / 大川洋二 / p495~499
  • 触媒活性を持つ抗体--アブザイム / 金子葉子,ほか / p500~507
  • 特集II 免疫学的組織傷害と好酸球 / / p508~553
  • 好酸球の分化とサイトカイン / 大嶋勇成,ほか / p508~515
  • 好酸球の活性化とサイトカイン / 岩本逸夫 / p516~522
  • 好酸球の遊走とadhesion molecules / 茆原順一,ほか / p523~531
  • 好酸球脱顆粒の機序と調節 / 紀太博仁 / p532~541
  • 好酸球の組織傷害物質 / 鈴木毅,ほか / p542~547
  • 好酸球増多症の成因と組織傷害機序 / 榎原英夫 / p548~553
  • 精神・神経・免疫調節 / 横山//三男 / p554~561<3775796>
  • 肝類洞壁細胞による免疫複合体の処理 / 室博之,ほか / p562~567
  • 特異抗原を認識するNK細胞 / 森尾友宏 / p568~572
  • SLE患者血清中に出現する抗ヌクレオリン抗体の意義 / 簑田清次 / p573~580
  • 紫外線による抑制性T細胞の誘導 / 西岡清 / p581~586
  • 抗原呈示におけるinvariant(li)鎖の役割 / 山本一彦 / p587~591
  • サイトカインによる血管内皮細胞上の接着分子の発現制御 / 益山純一 / p592~600
  • Interleukin2(IL-2)の生体内代謝 / 大西博昭,ほか / p601~606
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 免疫薬理投稿規定 / / 表3

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 24(4)(262)
出版元 科学評論社
刊行年月 1992-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想