臨床精神医学  4(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 25 (7) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;編者および出版者: 1巻1号~28巻4号 (1999年4月) 国際医書出版 増刊号とも;1巻1号(昭和47年8月)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=精神障害の家族療法と集団療法 / / p1393~1477
  • 日本における集団精神療法 / 池田由子 / p1393~1402
  • 集団精神力動と集団精神療法--ひとつの体験とその理論的基礎(W.Bion) / 岩崎徹也 / p1403~1411
  • 精神病の集団精神療法の実際--治療者側の不安を中心として / 阪本良男・他 / p1413~1418
  • 精神病の集団精神療法の実際--精神分裂病者を主体としたグループの治療体験 / 山口隆 / p1419~1430
  • 家族療法の歴史と現況 / 西園昌久 / p1431~1438
  • 分裂病家族へのアプローチ--主として患者と家族の関係をめぐって / 牧原浩 / p1439~1447
  • 心理テストからみた精神障害者の家族 / 八尋華那雄・他 / p1449~1455
  • 精神病の家族精神療法の実際 / 阪本良男 / p1457~1461
  • 精神病者と家族 / 増田陸男 / p1463~1470
  • 子供の精神障害と家族 / 小倉清 / p1471~1477
  • 向精神薬療法における肝障害の推移 / 田中潔・他 / p1478~1486
  • 思春期危機として経過した家庭内問題少年の一例 / 油井邦雄 / p1489~1498
  • くすり OxypertineのTardive Dyskinesiaに対する治療効果について / 竹内知夫・他 / p1499~1508
  • くすり 新穏和精神安定薬N-demethyl diazepam(A 101)の使用経験--神経症に対する効果について / 岡田文彦・他 / p1509~1518
  • 書評 Gerd Huber:Psychiatrie.Lehrtext für studenten und Ärzte / 伊東昇太 / p1455~1456
  • 社告・次号予告 / 国際医書出版 / p1477~1477
  • 投稿規定 / / p1520~1520
  • 臨床精神医学第4巻(第1号~第12号)総目次 / / 巻末p1~6

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神医学
著作者等 アークメディア
国際医書出版
悪臭公害研究会
書名ヨミ リンショウ セイシン イガク
書名別名 Japanese journal of clinical psychiatry

Rinsho seishin igaku
巻冊次 4(12)
出版元 アークメディア
刊行年月 1975-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0300032X
NCID AN00253400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想