マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (255)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 連続幼女誘拐殺人事件--メディアの肥大化と想像力の畸形化 / 山口香津美 / p2~10
  • "過剰報道"と批判を受けた新聞現場から / 麻木真司 / p11~15
  • ジャーナリストの眼 批判精神を欠くジヤーナリズム 戦争と平和のジャーナリズム (上) 戦後史のなかの"八・一五"社説 / 門奈直樹 / p16~19,20~29
  • "大谷石"陥没地に政治屋が入って来た!? / 石田俊 / p30~32
  • 長崎市長へ銃弾を送りつけた男 / 林雅行 / p40~43
  • 現代とジャーナリズム 海部"政治改革"とマスコミ / 茶本繁正 / p46~53
  • マス・メディアと女性の人権--2--深夜テレビ討論番組についてのノート / 船橋邦子 / p54~57
  • 投書欄 市民のひろば / 中西淳一朗
  • 田村大
  • 加賀尭
  • 吉波良一
  • 吉沢博幸
  • 渡部友久
  • 高井浜勝次
  • 横川宏
  • 大竹清風 / p33~39
  • マスコミ日記--『朝日』一面トップの礼宮婚約スクープとマスコミの"総ジャーナリズム状況"--『日経』スクープと"大蔵省主導"という三井と太陽神戸銀行合併の狙いは何か--新聞協会賞間違いなしといわれた「朝日」のリクルート報道をつぶした企業エゴ--不透明な政治資金収支報告書にみる企業献金と政治家たちの典型的を裏工作手口--米軍の傍若無人な軍事演習に迎合する海部首相の「死活的に重要な盟友だ」発言--国民の税金を使った大蔵省の"消費税は必要"キャンペーンに民放労連が声明文--サンゴ損傷事件の反省から紙面審議会と読者広報室を発足させた「朝日」の決意 / 青木貞伸 / p58~71
  • 記者のメモ帖 / / p44~45
  • 新聞文化賞と審議会 / 中奥宏 / p72~73
  • マスコミ・デスクメモ / / p74~78

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (255)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1989-11
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想