マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (211)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • マスコミ日記--二年にわたる"ロス疑惑"報道が果たした「目くらまし」の役割--「文化の均等」を理由に多局化される民放テレビと経営者の大きな懸念--安倍・シェワルナゼ日ソ外相定期協議の共同コミュニケをめぐる中味と評価--週刊誌『ニューズウィーク』日本語版の創刊に中曽根・レーガンが"ヨイショ"--円高による電力業界の差益還元問題とこれを自民党が政治に利用する危険性--サバイバルを賭けた"東北新聞戦争"にみる『朝日』の両面作戦による反攻--スペースシャトル「チャレンジャー」爆発-人類にとってどんな意味が--悪法・国家秘密法案を再提出させないためになお必要な世論の持続 / 青木貞伸 / p2~17
  • マスコミ現場から "初歩的ミス"で片づけられるのか / 倉沢治雄 / p18~21
  • マスコミ現場から マスコミが権力と化す山形県 / 木田章紀 / p22~27
  • マスコミ現場から "憩いの場"にも警官がやって来る! / 大島和典 / p42~43
  • 政治における異邦人 / 小林孝輔 / p28~31
  • "国家秘密法案"再提出のウラ側 / 室伏哲郎 / p32~37
  • 市民のひろば / 村瀬広充
  • 吉田邦子
  • 樫村富士夫
  • 近藤泰明
  • 大谷三彦 / p38~41
  • 戦争と新聞--『朝日』の"新聞の戦争責任"を読んで / 高梨正樹 / p44~51
  • アメリカの地方紙を読む / 奈良知雄 / p52~57
  • マスコミ・デスクメモ--一九八五・三~五 / 編集部 / p58~62

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (211)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1986-03
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想