マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (214)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新連載 戦争とジャーナリズム--沖縄"返還"の虚と実 / 茶本繁正 / p2~9
  • ヤマハVS東京ピアノ--新聞広告戦争の内幕 / 大岡芳郎 / p10~21
  • 広島・長崎、ビキニそしてチェルノブイリ--あやまちは、またも繰り返された / 槌田敦 / p22~29
  • またも戦争に協力する司法--厚木判決で裁判所は自殺した / 藤井治夫 / p30~35
  • マスコミ日記--厚木基地訴訟の控訴審判決で住民側を全面敗訴とした東京高裁の国防優先の論理--実名か匿名か-犯罪報道のあり方をパネル討議した日本テレビ糸の『11PM』--"首都戒厳令"の過剰警備を批判しないジャーナリズムと市民の慣れを狙う権力--中曽根首相のリビア無差別爆撃"支持"と責任逃れの不当なジャーナリズム批判--撚糸工連の汚職事件にみる『朝日』の実名報道と他紙の本末転倒な"匿名"報道--『毎日』『読売』『朝日』『東京』の購売料値上げ(二百円)"社告"を読んで--中曽根の"総決算"と日本を守る国民会議の天皇奉祝運動は憲法改悪への里程標--天皇キャンペーンとは対照的な憲法記念日の報道と公式行事を行わない政府 / 青木貞伸 / p36~51
  • 撚糸工連汚職・その奥 / 室伏哲郎 / p52~57
  • 市民のひろば / 稲木豊實
  • 梅谷哲夫
  • 柴田仁志
  • 山本雅弘
  • 菊池之雄 / p58~61
  • 記者のメモ帖 記者会見 / / p62~63
  • 過去の天皇報道から現在を問う(下) / 川島五郎 / p64~71
  • マスコミ・デスクメモ--一九八五・六~八 / 編集部 / p72~78

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民

Masukomi shimin
巻冊次 (214)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1986-06
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想