マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (226)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 《特集》朝日新聞襲撃事件と言論の自由 / / p4~89
  • "開いた"社会への努力を / 久野収 / p4~12
  • 四年半の中曽根政治が…… / 斎藤文男 / p13~15
  • 真のジャーナリストであり続けてほしい / 鈴田ノブ子 / p15~16
  • 一人ひとりが責任を負うことだ / 大森信行 / p16~18
  • ペンよ挫けるな! / 印南正 / p18~20
  • 現在からみる"一九三六年" / 松浦総三 / p20~22
  • 「言論の自由」を私たちの手で / 竹中岳彦 / p22~24
  • けっして忘れないことだ / 福地恒男 / p24~25
  • 言論の自由--その死と再生 / 滝沢正樹 / p25~28
  • 歴史を繰り返してはならない / 武久善彦 / p28~29
  • テロと権力が暴走する時代 / 伊藤嘉男 / p29~30
  • 「報道の自由を守る日」を提唱する / 内田剛弘 / p30~33
  • 日本人全体の自由と正義への試練 / 平良亀之助 / p33~34
  • 憲法破壊の政治と社会状況 / 仁田坂喬一 / p34~35
  • 市井無頼の徒と国家の暴力 / 梶谷善久 / p35~38
  • 民主主義・国民に対する挑戦 / 宇賀村精介 / p38~39
  • 言論抑圧に抗していく努力を / 杉本保男 / p39~40
  • 近い将来の恐るべき予兆 / 右田末人 / p40~42
  • テロリストを赦してきたのは誰か / 岡本愛彦 / p42~46
  • テロに屈するな / 三好真一郎 / p46~47
  • "犯人"を産み出したもの / 松岡英夫 / p47~50
  • 憲法護持 / 菊池武信 / p50~51
  • 後戻りをしてはならない / 川上力男 / p51~52
  • 戦前戦中の闇黒時代の再来 / 城戸又一 / p52~54
  • 一大運動で社会進歩の世論づくりを / 前田啓一郎 / p54~55
  • 言論人よ毅然と立て / 太田一男 / p55~58
  • 事件は氷山の一角やもしれない / 松本修 / p58~59
  • 不透明な言論状況 / 佐藤毅 / p59~60
  • 事件を基点として活性化を / 柳沢伸司 / p60~61
  • 小さな暴力事件にも敏感な対応を / 冨田博之 / p61~63
  • 国民の"知る権利"の抹殺 / 松本昌悦 / p63~65
  • 教室に怒りが充満 / 畠中千畝 / p65~66
  • マスコミは暴力に敏感であれ / 鈴木修 / p66~67
  • ファシズムの再来を許さないために / 右崎正博 / p67~69
  • 市民と連帯できる報道を / 前田真人 / p69~70
  • 書かれた者の痛みを知ること / 坂田奉文 / p70~71
  • 逆説・正論--沖繩地獄戦よりみる / 近藤一 / p71~72
  • 記者の死を無駄にしないために / 土屋一夫 / p72~74
  • 歴史の転換点と銃声 / 金子勝 / p74~76
  • 一日も早く真相の解明を / 阿部昭二 / p78~78
  • 小尻知博記者の死に思う / 本田雅和 / p78~81
  • 戦前戦後のマスコミテロル / 茶本繁正 / p82~89
  • NHK特集『最高裁判所』を観て / 小林孝輔 / p106~109
  • "脱税"の私闘・報道のアホさ加減--田中派分裂騒動と日本のマスコミ / 室伏哲郎 / p126~131
  • 韓国にみる"売上税"導入の混乱と教訓 / 前田康博 / p132~137
  • 新たな米軍用地強制使用の狙い--反戦地主に対する国家権力のあざとさ / 北克己 / p138~144
  • 支局の"開放性" / / p90~91
  • 市民のひろば / 高山昭夫
  • 佐々木明
  • 大月和志
  • 沢田伸之
  • 佐藤成夫
  • 白井とも子
  • 木原徹
  • 山根達郎
  • 橘英二
  • 岡沼鐵男
  • 長原春雄
  • 曽我欽也
  • 田辺直夫
  • 宮嶋實理
  • 藤田利久
  • 簗川正国 / p92~105
  • 演技の涙 / Y / p145~145
  • マスコミ・デスクメモ / / p146~150
  • マスコミ日記--防衛庁の秘密主義で米社とのFSX機種選定会見を中止させられた記者会の抗議--協議機関で審議継続を決めた売上税"廃案"過程と問われるべき首相の政治責任--日米首脳会談での中曽根の国内向けの事実のスリ替えと対米公約の重大な問題点--宝石商殺し事件とニセ札容疑者逮捕のドラマにみる危険な公安部の"内偵"捜査--朝日新聞阪神支局襲撃事件-ペンの砲列によって民主主義と言論の自由を守れ--田中派内の総裁選出馬争いで表面化した竹下系・二階堂系担当取材記者の"事件"--国家秘密法案のための情報操作に利用された米軍横田基地の"スパイ事件"報道 / 青木貞伸 / p110~125

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (226)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1987-06
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想