日本眼科学会雑誌  13(7)

日本眼科学会

国立国会図書館雑誌記事索引 54 (1・2) 1950.02~87 (10) 1983.10 ; 109 (2) 2005.02~;本タイトル等は最新号による;増刊号とも;1巻1号~;改題注記 : 「眼科雑誌」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 一、 麻疹後に於ケル眼窩及身體諸部ノ轉移性膿病ニ就テ (寫眞版圖二木版圖二) / / p567~599
  • 一、 結膜澱粉樣變性ノ一例 Ein Fall von Amylorddegenesatior der Bindehaut / / p600~612
  • 一、 外傷性歇私的里ノ一例 Ein Fall von treamatischer Hysterie / / p613~615
  • 一、 手術後交感性眼炎ノ一例及其新療法新案 (木版圖一) / / p616~618
  • 一、 圓板狀角膜炎ノ一例 Ubeer ein Fall von Kratitis disciformis / / p619~622
  • 二、 雜件 / / p623~711
  • 本會第十三回總集會記事摘要 / / p623~623
  • 本會第十三回總集會第一日及第二日演說大要 河本重次郞、患者及ビ藥用植物ノ供覽、其一、脂肪性眼瞼下垂症ノ一患者、其二、「ヂギリトール」豆ノ供覽、其三、靑珊瑚「シヤボテン」ノ一種、 木下行道、其一、毛樣體肉芽腫ノ一例並ニ標本供覽其二、翼樣贅片施術後瞼球癒着ノ三例並ニ其注意ニ就テ 三島廣吉、實扶的里性結膜炎ニ就テ 甲野棐、實扶的里性及ビ格魯布性結膜炎ニ就テ 前田珍男子、連鎻球菌性結膜炎二例 小玉龍藏、上鞏膜結核性肉芽腫ノ一例並ニ兎眼接種結核ノ組織標本供覽、 小口忠太、「スキアスコピー」ノ反對現象ニ就テ 畑晴次郞、外科斜視ニ就テ 坂口格太郞、盲目ノ原因ニ就テ 千葉彌次馬、其一、角膜軟化症其二、全眼球炎 澤田稅、角膜軟化症ノ組織的變狀 河本重次郞、患者ノ「デモンストラチオン」 大西克知、器械ノ「デモンストラチオン」 ホイトニー、器械ノ「デモンストラチオン」 桑原利馬、醫化學的方面ヨリノ白內障研究殊ニ糖尿病性、老人性並ニ「ナフタリン」白內障ニ就テ 小川劔三郞、中心性白內障ノ標本供覽 桑原利馬、電擊白內障ノ病理ニ就テ 井上誠夫、水晶囊破裂ナクシテ起リシ外傷性「カタラクト」及瞳孔緣ニ於ケル紅彩斷裂ニ就テ 河本重次郞、電氣ニ因スル白內障及其組織的變狀 前田珍男子、バタール氏白內障沃剝療法ニ就テ 菅沼定男、「クロローム」ノ實見及其病理 市原練三、(一)余ガ考案ノ補眼器ニ就テ(二)眼科ニ於ケル欝血療法ノ價値 土生敦、收歛劑ノ作用ニ就テ、 千日亮、僥倖ナル轉歸ヲ取リシ前鞏膜葡萄膜炎ノ一例 山縣正雄、綠內障ニ對スル(新?)手術式 小玉龍藏、「シヤラツハロート」軟膏ニヨル眼瞼及瞼緣ノ成形術 寺師貞吉、結膜ニ生ジタル上皮腫ノ一例 伊藤元春、實質性角膜炎ノ角膜組織的變狀 伊藤元春、巨大鯢魚ノ角膜ニ就テ 山田永俊、火藥爆發ニ因スル眼ノ外傷 中泉行德、腦膜炎後ノ全眼球炎一例附右標本ノ供覽 堀田笎三、「ブレノロエ」ノ「レニシエット」療法ニ就テ 桐淵鏡次、淋毒性膿漏眼ノ治療法 新津二郞、眼球缺亡症ノ一例 石原忍、色盲檢査ニ於ケル天然色寫眞ノ應用附寫眞供覽 宇野功一(一)巨大ナル眼窩腫瘍(血管腫性纎腫)ノ一例(二)春期加答兒ノ病理及療法ニ就テ 中村辰之助、水晶體脫臼ニ因スル續發性綠內障ニ就テ 賀古桃次、(一)右下眼瞼穹窿部硬性下疳ノ一例(二)頭蓋畸形ニ伴ヘル高度ノ兩眼突出症兼視神經消耗症ノ一例(三)外傷性近視ニ就テ 丸尾普、眼瞼結膜ニ發生セル大ナル黴毒性潰瘍ニ就テ 宮崎厚庵、黴毒性眼瞼潰瘍ニ就テ及寫眞供覽 早野龍三、日本人ノ健康結膜囊內ニ於ケル細菌ニ就テ 丸尾七郞 其一、日本人ノ睫毛ニ關スル研究其二、上直筋ヨリ發生シタル小圓形細胞肉腫ノ一希有例並ニ本症ト外傷トノ關係 行德健男、淚囊抽出術ニ就テ 大林二郞、綠內障性虹彩炎ユ就テ 鹿野武十、電氣刺戟ニ因スル兩上眼瞼軟骨及マイポム氏腺增生ノ一例 保利眞直、閃輝暗點ノ三例 前田珍男子、其一、兩側生輪狀角膜濃瘍ノ六例其二、內直筋ノ作用不全ノ診斷法追加 山田義雄、黑水病ニ併發セル網膜出血ノ一例 豐田虎之進、小腦內肉腫ニ併發セル欝血乳頭ノ一例(腦及眼組織供覽) 近藤勇二郞、腫瘍狀脇絡膜結核ノ一例 大西克知、其一、檢眼鏡ニテ見ルニ毛樣神經並ニ眼底圖供覽其二、佛人Polak氏創業檢眼用「レンス」ノ改造說明 有澤潤、眼科ニ於ケル「アトキシール」驅黴療ニ就テ 瀨木本雄、眼窩內腫ヨリ來レル蜂窼織炎ニ濃毒症ヲ併發シテ死亡セシ一例(肉眼的及顯微鏡的所見) 山口秀高、姙娠性蛋白尿ニ於ケル黄視症 脇坂健次郞、プロワツエク氏トラホーム小體、標本供覽 中泉行德、再ビ瞳孔開大筋ノ存在ニ就テ 小口忠太、夜盲症殊ニ白點狀網膜炎ニ於ケル光神及ビ視力ニ就テ 山縣正雄、內飜症手術式 三島廣吉、水晶體脫臼ニ就テ 小玉龍造、枯草菌ニ因スル角膜輪狀膿瘍兼全眼球炎ノ一例並ニ其動物試驗成蹟ニ就テ 河本重次郞、其一、食鹽ノ「トラホーム」ニ於ケル作用其二、雜題 / / p625~709
  • 本會第十三回總集會出席者名簿 / / p709~711
  • 三、 廣吿 (數件) / / p1~10

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本眼科学会雑誌
著作者等 日本眼科学会
書名ヨミ ニホン ガンカ ガッカイ ザッシ
書名別名 Journal of Japanese Ophthalmological Society

Nihon ganka gakkai zasshi
巻冊次 13(7)
出版元 日本眼科学会
刊行年月 1909-08
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 00290203
NCID AN00187157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想