臨床検査  13(4)

醫學書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1965.07~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • トキソプラズマ症の臨床検査 / 小林//昭夫 / 282~283,299~304<8480311>
  • 心音計 熱ペン式とフィルム式(グラフ) / 太田//怜 / 285~288<8480312>
  • 新しい心音計のピックアップ 種類とその使い方(グラフ) / 吉村//正蔵 / 289~289<8480313>
  • コイルプラネット型遠心分離器(グラフ) / 木村//英一 / 290~292,p312~313<8480314>
  • 溶血 その最近の理論 / 三輪//史朗 / 293~298<8480315>
  • 不調の原因と対策 オートアナライザー / 野本//昭三 / 305~311<8480316>
  • グラフ解説 コイルプラネット型遠心分離器 / 木村英一 / p312~313
  • 交差適合試験(臨床検査の問題点-4-)(対談) / 松橋//直 / 314~319<8480317>
  • 腎疾患と臨床検査-1-(主要疾患と臨床検査) / 波多野//道信 / 320~324<8480318>
  • 脂酸のβ酸化(代謝経路と臨床検査-4-) / 松村//義寛 / 276~277<8480310>
  • 書評 図解・診断のための検査の進め方 / 富田仁 / p279~279
  • 書評 図説・消化器の細胞診 / 城所働 / p298~298
  • 書評 「臨床検査」特集号・血液検査の問題点 / 長谷川弥人 / p311~311
  • ひろば 技術の誠心 / 村田徳治郎 / p319~319
  • あとがき / 樫田良精 / p356~356
  • 次号予告 / / p356~356
  • 標準液 / 藤井//暢三 / 334~335<8480323>
  • "病院実習"今後のあり方(座談会) / 渡辺//恒彦 / 336~343<8480324>
  • 1 ページの知識 生化学--溶媒の精製(2) / 永井諄爾 / p325~325
  • 血球計算の誤差をなくすには-4-(1ページの知識 血液) / 大橋//辰哉 / 326~326<8480319>
  • 中和(1ページの知識 血清) / 安田//純一 / 327~327<8480320>
  • 普通寒天にはえる病原菌-2-(1ページの知識 細菌) / 木村//貞夫 / 328~328<8480321>
  • 組織の包埋(1ページの知識 病理) / 川井//一男 / 329~329<8480322>
  • 1ページの知識 生理--電界効果トランジスタ(FET) / 宇都宮敏男 / p330~330
  • 1ページの知識 一般--タイマー / 坂岸良克 / p331~331
  • トピックス--螢光標識クームズ血清による定量法--臨床検査会社--C.C.U.--胃液の酸度測定 / C.M.
  • H.N.
  • S.S.
  • H.N. / p332~332
  • 検査室メモ 宇宙にも塵がある / 広明竹雄 / p333~333
  • 国際臨床検査技師会(IAMLT)総会に出席して(1968ヘルシンキ) / 川村//秀子 / 344~345<8480325>
  • 脳波検査と平均不関電極 / 吉井//信夫 / 346~349<8480326>
  • 東亜自動血球計数器の問題点の検討-1- / 山本//和子 / 350~352<8480327>
  • オートアナライザー比色部(tubular flowcell)の利用による超微量比色の試み 血清ビリルビン分別定量への応用 / 菱本//垣温 / 353~354<8480328>
  • 第1回"私のくふう賞"・佳作に入選して / 片平宏
  • 中西寛治 / p355~355

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床検査
著作者等 医学書院
書名ヨミ リンショウ ケンサ
書名別名 Rinsho kensa
巻冊次 13(4)
出版元 医学書院
刊行年月 1969-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04851420
NCID AN00252984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想