臨床外科 = Journal of clinical surgery  33(2)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(1):1950.1-38(12):1983.12 ; 56(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;11巻1号から25巻12号までの並列タイトル: Clinical surgery;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • カラーグラフ 消化器内視鏡学<31> 十二指腸・吻合部潰瘍 / 相馬智 / p162~163
  • グラフ 外科医のためのX線診断学<2> 胸部X線像(2) / 平松慶博 / p165~169
  • 胃迷切術の変遷 / 星//和夫
  • 村上//忠重 / p171~175<1930842>
  • 迷切術の根拠 / 伊藤//漸
  • 相沢//勇
  • 中村//卓次 / p177~183<1930843>
  • 迷切術の適応 / 渡部//洋三 / p185~192<1930844>
  • 迷切術の適応 / 榊原//幸雄 / p193~200<1930845>
  • 選択的近位胃迷切術のコツ / 青木//照明
  • 長尾//房大 / p201~204<1930846>
  • 選択的近位胃迷切術のコツ / 武藤//輝一 / p205~212<1930847>
  • 迷切後の遠隔成績 / 杉山//貢
  • 土屋//周二 / p213~221<1930848>
  • 迷切の合併症およびその対策 / 島津//久明 / p223~229<1930849>
  • 消化性潰瘍に対する迷切術をどうするか / 青木//照明 / p230~243<1930850>
  • 酸・塩基平衡の理解 / 斉藤//滋
  • 相馬//智 / p260~267<1930839>
  • 食道癌の発育形成についての検討 / 塩崎//均 / p269~275<1930838>
  • 難治性下腿潰瘍を伴った分節的下部下大静脈閉塞症の1治験例 / 金子//博 / p277~281<1930840>
  • 小児外傷性空腸遷延性破裂の1例について / 牟田//博夫 / p283~287<1930851>
  • 心膜嚢腫自験例の検討 / 猪口//哲三 / p289~292<1930837>
  • 麻酔科研修-2-腹部緊急手術の麻酔(外科教育を考える-6-) / 斎藤//浩太郎
  • 西岡//克郎 / p245~249<1930853>
  • 外科医の工夫 Whelan-Moss T-tube / J.P.Moss
  • 山川達郎 / p250~251
  • 皮膚縫合の基本-2-切開線の選び方(講座) / 大塚//寿 / p254~259<1930852>
  • 書評 竹本忠良,春日井達造編集「膵・胆道の内視鏡検査」 / 田島芳雄 / p183~183
  • 書評 V.J.Collins著「Priciples of Anesthesiology」 / 池園悦太郎 / p221~221
  • 学会案内 / / p175~175,212~212,244~244,249~249,275~275
  • 次号予告 / / p200~200
  • 投稿規定 / / p293~293
  • あとがき / 卜部美代志
  • 斉藤淏
  • 島田信勝
  • 中谷隼男
  • 牧野永城
  • 菅原克彦
  • 阿部令彦
  • 武藤輝一
  • 出月康夫
  • 杉江三郎
  • 織畑秀夫
  • 佐野圭司
  • 近藤芳夫
  • 阪口周吉
  • 鈴木章夫
  • 秋山洋
  • 塩谷信幸
  • 諏訪邦夫
  • 岡崎春雄
  • 松元輝夫 / p296~296

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床外科 = Journal of clinical surgery
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ ゲカ = Journal of clinical surgery
書名別名 Clinical surgery

Journal of clinical surgery

Rinsho geka
巻冊次 33(2)
出版元 医学書院
刊行年月 1978-02
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03869857
NCID AN00144777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想