リウマチ  29(1)

日本リウマチ協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 6 (2) 1965.12~23 (5) 1983.10;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり 1巻1号から7巻2号までの出版者: 日本リウマチ協会;1巻1号(昭和33年4月) - 43巻4号(2003 Oct.);以後廃刊;43巻の総目次: 「News letterリウマチ」no.1収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 会長挨拶 原因のない病気はない / 水島裕 / p1~2
  • Editorial 指導医の認定にあたって / 七川歓次 / p3~3
  • 膠原病における肺高血圧症の合併についての臨床的検討 / 村田一郎
  • 坂本芳雄
  • 土肥眞
  • 諸井泰興
  • 谷本潔昭
  • 村田克己
  • 宮本昭正 / p4~10
  • 慢性関節リウマチ患者に対するアルファカルシドール(1α-OH-D₃)の臨床的検討--多施設二重盲検法による比較試験 / 山内康平
  • 恒松徳五郎
  • 紺田進
  • 星野孝
  • 糸川嘉則
  • 星崎東明 / p11~24
  • 全身性硬化症における足X線所見の検討とその臨床的意義 / 上田寛之
  • 赤星透
  • 柏崎禎夫 / p25~29
  • Ro/SSA抗原の精製とELISA法による抗Ro/SSA抗体の測定 / 熊谷俊子
  • 加登通正
  • 近藤薫
  • 亀子光明
  • 今井明彦
  • 清沢研道
  • 勝山努
  • 金井正光 / p30~38
  • 慢性関節リウマチのHLA-DR抗原の検討--DR4,DR2,DRw9との関係について / 渡部一郎
  • 種市幸二
  • 芝木秀俊 / p39~44
  • 臨床 乳児若年性関節リウマチにおけるAdrenocorticotropic Hormone療法の使用経験 / 小幡俊彦
  • 赤沢晃
  • 飯倉洋治 / p45~51
  • 臨床 討議 / 鉾之原昌
  • 渡辺言夫 / p49~51
  • 臨床 血漿交換療法が有効であった抗顆粒球抗体陽性Felty症候群の1例 / 鈴木輝彦
  • 片桐敏郎
  • 原清 / p52~56
  • 臨床 討議 / 橋本博史
  • 粕川禮司 / p55~56
  • 臨床 多発性神経炎を伴った慢性関節リウマチの1例 / 吉岡秀夫
  • 天野祐一
  • 辰巳一郎
  • 武田善樹 / p57~63
  • 臨床 討議 / 岡崎健
  • 星野孝 / p62~63
  • 委員会報告 海外派遣研修医レポート / 山中寿
  • 中川研二 / p64~65
  • 会長講演 慢性関節リウマチ滑膜炎の病理--1988年度に知れることと知られざること / 京極方久 / p66~80
  • 学会告知(5)/認定施設募集/リウマチ中央教育研修会 / / 巻頭
  • 平成元年度リウマチ教育研修会開催予定(1)/教育研修単位認定申請について/第10回日本炎症学会/第4回関節症フォーラム/第16回整形外科バイオメカニクス研究会/第21回日本臨床電子顕微鏡学会/アメリカリウマチ学会の名称変更について / / p81~83
  • 昭和63年度日本リウマチ学会「リウマチ指導医」第1次認定者 / / p84~84
  • 昭和63年度日本リウマチ学会「リウマチ認定医」第1次認定者 / / p85~85
  • 投稿・発行規定 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リウマチ
著作者等 日本リウマチ協会
日本リウマチ学会
書名ヨミ リウマチ
書名別名 The Ryumachi

Official journal of Japan College of Rheumatology
巻冊次 29(1)
出版元 日本リウマチ学会
刊行年月 1989-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03009157
NCID AN0024807X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想