整形外科 = Orthopedic surgery  11(12)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 骨腫瘍の命名と分類に関する諸問題 / 島//啓吾 / 841~852<9089991>
  • 無脱臼地帯設定企図としての全新生児股関節検診 / 今田//拓 / 853~861<9089999>
  • 脊椎カリエスの陳旧病巣に対する断面撮影の意義 / 鶴海//寛治 / 862~867<9089994>
  • 脊髄腫瘍症状を呈せるワ氏反応陽性例について / 野島//元雄 / 869~873<9089993>
  • ユニバーサルジヨイント装具による先天股脱の治療 / 名倉//弓雄 / 874~884<9089990>
  • 非定型Fibrous dysplasiaの1例 / 水野//昭平 / 886~891<9089998>
  • 大腿骨遠位骨端の刺針剔出後にみた内反膝の症例 / 増野//宏 / 891~894<9089997>
  • 前腸骨棘催裂骨折の3例 / 畑//佳成 / 894~898<9089996>
  • Intrameniscal lunulaeの1例 / 古畑//均四郎 / 898~901<9089989>
  • 先天性内反足の治療 / 森田//信 / 902~914<9089995>
  • 試作上腕能動式義手について / 亀井//伊勢松 / 915~919<9089992>
  • 誌説 整形外科と麻酔 / 玉井達二 / p868~868
  • 習慣性尺骨神経脱臼,多元無線誘導筋電図 / J. K.
  • S.S. / p885~885
  • 診療余卓 クーレンカンプをしていて針を折つた話 / G. K. 生 / p861~861
  • 診療余卓 関節リウマチと軟性装具 / みちを / p867~867
  • 診療余卓 椎間板ヘルニヤと外傷 / Y. W. / p901~901
  • 編集後記 / I. M. 生 / p920~920

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery
巻冊次 11(12)
出版元 南江堂
刊行年月 1960-11
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想