整形外科 = Orthopedic surgery  17(4)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Supraspinatus syndrome / 高岸//直人 / 253~262<8269138>
  • 肩甲帯症候群のoscillometryとvenography / 関根//政男 / 263~270<8269139>
  • 骨sarcoidosisについて / 津久井//俊行 / 272~278<8269140>
  • 脊柱前方固定術の反省例 / 三谷//哲史 / 279~283<8269141>
  • 頸椎における脊椎分離症の2症例 / 磯部//饒 / 285~289<8269142>
  • 副腎腫の骨転移巣に骨手術を施した2例 / 瀬戸//英武 / 289~293<8269143>
  • 麻痺性踵足に対する筋移行術の検討 前脛骨筋後方移行術と長短腓骨筋後方移行術の比較 / 佐藤//舜也 / 294~302<8269144>
  • 特集 どうすればよいか / / p303~337
  • 乳幼児先天股脱の治療ははたして今のままでよいか / 佐々木//信男 / 303~305<8269145>
  • 巨細胞腫の良性・悪性をいかに取り扱うべきか / 前山//巌 / 306~314<8269146>
  • 重症脳性麻痺児対策 / 小池//文英 / 315~317<8269147>
  • 座談会 どうすればよいか / 川島弥
  • 三木威勇治
  • 松野誠夫
  • 池田亀夫
  • 東野修治
  • 西新助
  • 田島達也
  • 津山直一 / p318~337
  • 誌説 過誤治療先天股脱 / 島啓吾 / p271~271
  • 筋造影法,先天性長管骨弯曲症 / S.N.
  • H.I.
  • T.U. / p284~284
  • 診療余卓 白板,索子にご注意,sinθ=cos(90°-θ) / T.H.
  • T.I. / p293~293
  • 編集後記 / I. M.生 / p338~338

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery

Seikei geka
巻冊次 17(4)
出版元 南江堂
刊行年月 1966-04
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想