新薬と治療  37(3)(315)

山之内製薬株式会社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 13) 1954.01~(通号: 24) 1955.11;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり 刊行頻度: 変更あり;[1号]-217号 (1977年5/6月) ; v. 27, no. 7 = 218号 (1977年7月)-54巻6号 = 451号 (2004年12月/2005年1月);以後廃刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 ガスタートピックス(3) / / p3~25
  • 肝・胆・膵術後管理におけるガスターの有用性 / 青木照明 / p3~4
  • 熱傷時管理におけるガスターの有用性 / 相川直樹 / p5~6
  • 食道静脈瘤硬化療法におけるガスターの有用性について / 出月康夫 他 / p7~9
  • T.A.E(肝動脈塞栓術)におけるガスターのあり方 / 熊田博光 / p10~11
  • 開心術後管理におけるガスターの有用性について / 弘岡泰正 / p12~13
  • 脳外科領域の術前術後におけるガスターの使用経験 / 有田和德 他 / p14~16
  • 重度外傷患者の管理におけるガスターの有用性 / 小林国男 他 / p24~25
  • 細胞紳士録(3)ひげずらの肝細胞 / 藤田恒夫 他 / p17~19
  • 内眼糖のつどい報告(33)血糖あるいは高コレステロールの改善により硬性白斑の改善を認めた例 / 瀧本忠司 他 / p20~21
  • 女医のこころ(3)癌の告知 / 大森安惠 / p26~27
  • 医のことば(3)フーヘランド / 荒井保男 / p28~29
  • 複眼-外科医のone point advice(3)胆囊捻転症 / 百瀬健彦 / p30~31
  • 糖尿病実地診療と病態解析(7)糖尿病におけるリポ蛋白異常と動脈硬化症-Dr.Nikkila教授に聞く / 原納優 他 / p32~34
  • 表紙解説(No.315) / 林屋晴三 / p2~2
  • 添付文書改訂のお知らせ / / p35~35

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 新薬と治療
著作者等 山之内製薬
山之内製薬株式会社
山之内薬株式会社
書名ヨミ シンヤク ト チリョウ
書名別名 New remedies and therapy

New remedies & therapy

Shin'yaku to chiryo
巻冊次 37(3)(315)
出版元 山之内製薬
刊行年月 1987-04
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 05598664
NCID AN00123482
AN00275651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想