新薬と治療  39(1)(332)

山之内製薬株式会社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 13) 1954.01~(通号: 24) 1955.11;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり 刊行頻度: 変更あり;[1号]-217号 (1977年5/6月) ; v. 27, no. 7 = 218号 (1977年7月)-54巻6号 = 451号 (2004年12月/2005年1月);以後廃刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新しい世紀の医療に望む / 加山又造 / p1~1
  • 特集 第13回国際消化器病学会の興味ある報告から(ROMA) / / p2~34
  • Round Table Meeting in ROMA('88) 日米欧における胃炎治療の最近の考えかた(1)-とくにH₂ブロッカーはどのような胃炎に有効か / 石川誠
  • 三輪剛
  • 森賀本幸
  • 北島政樹
  • W.Raufail
  • Kalle Varis / p2~10
  • REVIEW (1)潰瘍治療に対する新しい動向--胃炎防御因子に関する話題も含めて / 中澤三郎 / p11~16
  • REVIEW (2)潰瘍治療に関する新しい動向--外科面から / 青木照明 / p17~22
  • Famotidineに関する発表話題から (1)消化性潰瘍に対するFamotidine就寝前1回投与法の検討 / 浅香正博 他 / p23~24
  • Famotidineに関する発表話題から (2)ファモチジン(ガスター)の市販後調査結果 / 西元寺克禮 / p25~26
  • Famotidineに関する発表話題から (3)プロスタグラジン活性に与えるガスターの影響と再発率 / 宮入守 / p27~28
  • Famotidineに関する発表話題から (4)下部食道括約帯圧に対するFamotidineの効果 / 吉田智治 他 / p29~30
  • Famotidineに関する発表話題から (5)レンジャー訓練による急性上部消化管病変 / 白浜龍興 / p31~32
  • Famotidineに関する発表話題から (6)Famotidineのラットの胃粘膜病変に対する効果 / 宮田桂司 / p33~34
  • 第20回病態代謝研究会研究助成・奨励金交付者決定のお知らせ / / p35~38
  • 神経伝達物質ものがたり(10)記憶学習を高めるか、バソプレシンとACTH / 大木幸介 / p39~39
  • 女医のこころ(20)対話 / 大森安恵 / p40~41
  • 医のことば(20)エルウィン・ベルツ(Erwin Baelz) / 荒井保男 / p42~43
  • 細胞紳士録(20)やさしくまつわる周波細胞 / 牛木辰男
  • 藤田恒夫 / p44~46
  • 『新薬と治療』1988年総目次 / / p47~48
  • 表紙のことば 色の辺りで / 狩野紘信 / p49~49

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 新薬と治療
著作者等 山之内製薬
山之内製薬株式会社
山之内薬株式会社
書名ヨミ シンヤク ト チリョウ
書名別名 New remedies and therapy

New remedies & therapy
巻冊次 39(1)(332)
出版元 山之内製薬
刊行年月 1989-01
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 05598664
NCID AN00123482
AN00275651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想