神経研究の進歩  34(3)(172)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 【特集】 脳のアミロイド / / p343~460
  • 序論--最近の研究の流れと展望 / 池田和彦・他 / p343~349
  • 老人斑の超微形態 / 小柳新策 / p350~365
  • 老人斑アミロイドの血管由来 / 宮川太平 / p366~375
  • 老人斑のPAM染色とその連続電顕 / 巻淵隆夫 / p376~382
  • 老人斑の免疫組織化学 / 山口晴保 / p383~395
  • クールー斑のアミロイド / 立石潤・他 / p396~402
  • β蛋白前駆体遺伝子およびそのプロモーター / 榊佳之 / p403~408
  • プロテアーゼインヒビター領域を有するβ蛋白質前駆体の活性と発現 / 北口暢哉・他 / p409~421
  • β前駆蛋白質の同定 / 貫名信行 / p422~429
  • β蛋白以外のアミロイド蛋白--とくにα1-Antichymotrypsinについて / 東海林幹夫 / p430~440
  • Cystatin C(γ-trace)と遺伝性脳出血 / 藤原茂芳・他 / p441~450
  • アミロイド・アンギオパチー--脳血管障害との関連 / 山之内博 / p451~460
  • イヌ・ナルコレプシ-におけるカタプレキシ---ノルアドレナリン,コリン作動性機構の役割 / 西野//精治 / p461~473<3672281>
  • 脳血管・老人斑アミロイドの構成成分の検討--とくにβ蛋白以外の構成成分の存在について / 玉岡晃 / p474~488
  • 延髄縫線核の循環調節におけるGABAおよびセロトニン作動系の関与 / 小倉弘章 / p489~504
  • 第20回新潟神経学夏期セミナー/第5回精神研国際シンポジウム「アルツハイマー病研究の最前線」/第17回金沢医科大学神経科学セミナー/第17回岡山大学脳研夏期セミナー / / p505~507
  • 次号予告 / / p508~508
  • あとがき / 生田房弘 / p509~509
  • 投稿規定 / / p510~510

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences

Shinkei kenkyu no shinpo
巻冊次 34(3)(172)
出版元 医学書院
刊行年月 1990-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想