神経研究の進歩  15(2)(58)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 開会の辞 / 懸田//克躬 / 295~295<8255834>
  • 開会の辞 / 時実//利彦 / 296~296<8255835>
  • 哺乳動物の中枢神経系に特異的に存在するアミノ酸:プトレアニンについて / 柿本//泰男 / 297~303<8255792>
  • α-N-アセチル-L-アルギニンの分離同定および〓攣誘発作用について / 森//昭胤 / 304~306<8255793>
  • 神経組織の特異酸性蛋白について / 植村//慶一 / 307~311<8255794>
  • 脳の付謝調節とコンパートメンテイション / 高垣//玄吉郎 / 312~318<8255795>
  • 脳灌流法による脳の解糖呼吸系代謝 / 大月//三郎 / 319~322<8255796>
  • ニューロンの生化学 / 佐武//明 / 323~331<8255797>
  • 単一神経細胞中のγ-アミノ酪酸の定量 / 大塚//正徳 / 332~333<8255798>
  • 節後神経切断白鼠交感神経節の機能と代謝 / 永田//豊 / 334~336<8255799>
  • シナップス膜およびシナップス小胞の生化学研究 / 吉田//博 / 337~346<8255800>
  • 神経終末分画から遊離される生物活性ポリペプチド / 片岡//喜由 / 347~349<8255801>
  • 脂質代謝異常 とくにスフィンゴリピドージスについて / 武富//保 / 350~358<8255802>
  • 実験的高アミノ酸血症における脳蛋白合成 先天性アミノ酸代謝異常症における脳発達遅延の成因に対するアプローチ / 多田//啓也 / 359~366<8255803>
  • 実験的高フェニールアラニン血症 / 平野//修助 / 367~370<8255804>
  • アミン前駆物質と躁うつ病 / 高橋//良 / 371~377<8255805>
  • 「日本における神経化学」司会総括 / 塚田//裕三 / 378~378<8255806>
  • 脳のはたらきの2層構造性について 定位脳手術の経験から / 楢林//博太郎 / 379~386<8255808>
  • 形態学方面 / 岡本//道雄 / 387~399<8255809>
  • 神経疾患理解に対する神経病理学的アプローチの一つの試み 神経病理学の視点からみた従来の疾患分類への疑義 / 白木//博次 / 400~415<8255810>
  • 神経化学の今後 / 塚田//裕三 / 416~418<8255811>
  • 脳研究所の構想 / 植木//幸明 / 419~421<8255812>
  • 脳研究のあり方(パネル討論)の総括 / 時実//利彦 / 422~423<8255813>
  • はじめに / 白木//博次 / 425~431<8255815>
  • ウィルス学の立場からみたSlow Virus Infection / 石田//名香雄 / 432~438<8255816>
  • 狂犬病 向神経性ウィルスなる概念について / 大谷//杉士 / 439~445<8255817>
  • 狂犬病ウィルス増殖の形態学 / 松本//清一 / 446~451<8255818>
  • Subacute Sclerosing Panencephalitis 病原確定への過程を中心として / 山本//達也 / 452~459<8255819>
  • 麻疹感染による脱髄抗体 / 米沢//猛 / 460~464<8255820>
  • 麻疹に続発する脳炎の免疫病理について / 小林//登 / 465~469<8255821>
  • Cytomegalovirus感染の神経病理 / 小田//雅也 / 470~489<8255822>
  • サイトメガロウィルス感染症の小児における血清疫学,ことに脳障害児との関連 / 藤井//良知 / 490~492<8255823>
  • 中枢神経系の先天異常の成因 脳と胸腺病変との相関 / 松山//春郎 / 493~494<8255824>
  • ヒトの脳疾患とウィルス粒子 PML粒子のCapsomer数について / 生田//房弘 / 495~499<8255825>
  • ウィルスによる実験的脳腫瘍 / 熊西//敏郎 / 500~506<8255826>
  • SMONの病因 感染説の立場から / 甲野//礼作 / 507~509<8255827>
  • 腹部症状を伴うMyeloneuropathy(SMON)の臨床 / 祖父江//逸郎 / 510~524<8255828>
  • SMON 疫学(岡山を主とした)の立場から / 緒方//正名 / 525~530<8255829>
  • SMONの疫学 われわれの経験した院内発生について / 安藤//一也 / 531~535<8255830>
  • SMONの病理解剖学的所見 神経系を除く一般諸臓器の病変について / 小川//勝士 / 536~543<8255831>
  • 対照例の立場から 老年者脊髄後索および後根の病変について / 亀山//正邦 / 544~546<8255832>
  • 「ウィルス感染と神経系」への司会者総括 / 白木//博次 / 547~561<8255833>
  • 閉会の辞 / 小川//鼎三 / 562~562<8255836>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences

Shinkei kenkyu no shinpo
巻冊次 15(2)(58)
出版元 医学書院
刊行年月 1971-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想