小児科診療  49(10)(564)

診断と治療社

国立国会図書館雑誌記事索引 16 (4) 1953.04~;本タイトル等は最新号による;CD-ROMとも;16巻4号(Apr. 1953)~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「児科診療」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児科女医雑考 / / p1671~1671
  • 特大号/予防接種のすべて / / p1672~1720,1721~1728,1729~1760,1761~1808,1809~1820,1821~1832,1833~1850,1851~1860,1861~1904,1905~1955,1957~1962,1963~1974,1975~2006,2007~2040,2041~2050
  • 予防接種行政の現況 / 熊谷冨士雄 / p1672~1678
  • わが国の予防接種の歴史 / 染谷四郎 / p1679~1684
  • 予防接種の現状と今後の課題 / 平山宗宏 / p1685~1690
  • 予防接種施行の実際 / / p1691~1720,1721~1728,1729~1760,1761~1808,1809~1820,1821~1824
  • 各ワクチン 百日咳,ジフテリア,破傷風 / 加藤達夫 / p1691~1700
  • 各ワクチン ポリオ / 中尾亨 / p1701~1706
  • 各ワクチン 麻疹 / 堀誠 / p1707~1715
  • 各ワクチン 風疹 / 植田浩司 / p1716~1720
  • 各ワクチン BCG--ツベルクリン反応 / 山登淳伍 / p1721~1728
  • 各ワクチン インフルエンザ / 武内可尚 / p1729~1737
  • 各ワクチン 日本脳炎 / 辻芳郎・他 / p1738~1743
  • 各ワクチン レプトスピラ病--ワイル病,秋やみ・病 / 森守・他 / p1744~1749
  • 各ワクチン ムンプス--おたふくかぜ / 杉下知子 / p1750~1755
  • 各ワクチン 水痘 / 南谷幹夫 / p1756~1760
  • 各ワクチン B型肝炎--成人も含めて / 小池通夫・他 / p1761~1767
  • 各ワクチン 痘瘡 / 西林洋平 / p1768~1773
  • 各ワクチン コレラ / 瀬尾威久・他 / p1774~1777
  • 各ワクチン 狂犬病 / 深谷一太 / p1778~1781
  • 集団接種 保健所における集団接種 / 村田篤司 / p1782~1786
  • 集団接種 乳児院における集団接種 / 加藤一昭 / p1787~1789
  • 集団接種 幼稚園,保育園における集団接種 / 池田宏 / p1790~1796
  • 集団接種 小・中学校における集団接種 / 木村慶子 / p1797~1803
  • 個別接種 病院(小児科外来)にて / 石飛アミ子 / p1804~1808
  • 個別接種 実地医家にて / 菊池辰夫 / p1809~1814
  • 個別接種 予防接種スケジュールの作り方 / 山本光興 / p1815~1820
  • 個別接種 被接種側の希望 / 高野陽 / p1821~1824
  • 基礎的疾患を有する小児の予防接種 / / p1825~1832,1833~1850,1851~1860,1861~1876
  • 気管支喘息 / 高嶋宏哉 / p1825~1832
  • アレルギー児 / 堀内清 / p1833~1836
  • 免疫不全 / 早川浩 / p1837~1841
  • 悪性腫瘍 / 伊藤正寛・他 / p1842~1848
  • 先天性心疾患 / 佐藤正昭 / p1849~1850
  • 腎疾患 / 小板橋靖 / p1851~1854
  • 熱性けいれん / 関亨 / p1855~1860
  • てんかん / 三牧孝至・他 / p1861~1865
  • 内分泌,代謝異常 / 保科清 / p1866~1869
  • 心身障害児とりわけ脳性麻痺児 / 松永貞一 / p1870~1876
  • 母児免疫に関する予防接種 / 島田信宏・他 / p1877~1883
  • 予防接種禁忌に関連して / 大国英和 / p1884~1889
  • 予防接種による事故と救済手続 / 村瀬敏郎 / p1890~1894
  • 感染症サーベイランスと予防接種 / 浦野隆 / p1895~1899
  • ワクチンの効果判定基準について / 太田豊・他 / p1900~1904
  • 予防接種と感染防御との関連 / 富樫武弘・他 / p1905~1908
  • 国外における予防接種事情 / 木村三生夫 / p1909~1914
  • 予防接種拡大計画 / 磯村思无 / p1915~1920
  • 海外旅行,海外勤務の際に必要な予防接種 / 増山幸男 / p1921~1927
  • マラリア流行地域に行くときの注意 / 増山幸男 / p1928~1935
  • わが国で開発された代表的ワクチンの開発過程と臨床応用の見込み / / p1936~1955,1957~1962
  • 百日咳コンポーネントワクチン / 佐藤勇治 / p1936~1941
  • 水痘ワクチン / 高橋理明 / p1942~1949
  • ブドウ球菌ワクチン / 神崎保・他 / p1950~1955
  • 緑膿菌ワクチン / 本間遜・他 / p1957~1962
  • これからのワクチン / / p1963~1974,1975~1995
  • 麻疹・ムンプス・風疹--三種混合:MMR / 杉浦昭 / p1963~1967
  • 肺炎球菌 / 加藤俊一 / p1968~1974
  • インフルエンザ菌 / 上原すゞ子・・ / p1975~1980
  • ロタウイルス / 今野多助 / p1981~1985
  • サイトメガロウイルス / 中村健 / p1986~1989
  • RSウイルス / 岡部信彦 / p1990~1995
  • 座談会 予防接種--その実施をめぐって / 水原春郎
  • 鈴木和子
  • 村瀬敏郎
  • 高橋悦二郎
  • 竹田多恵
  • 塙嘉之 / p1996~2006
  • 予防接種Q&A / / p2007~2040
  • DPTワクチン DPTワクチンの定期接種の時期をはずし,接種間隔が延長したりしてもよいか.またその際に感染予防効果が期待できるが / 水原春郎 / p2007~2007
  • DPTワクチン DPTワクチン接種の第1回目に局所反応あるいは発熱が強かったとき,第2回目,第3回目を予定通り接種してよいか / 水原春郎 / p2008~2008
  • DPTワクチン 外国で異なる種類のDPTワクチン接種を受け,引き続き日本に帰国後も接種を受けたい場合いかにするか / 水原春郎 / p2009~2009
  • DPTワクチン けいれんを有する小児にDPTワクチン接種を行う場合,熱性けいれんの既往があり脳波に異常がないときは / 関亨 / p2009~2010
  • DPTワクチン てんかんを有する小児にDPTワクチン接種を行う場合,1年以内にけいれんがあったときは.また1年以上けいれんがないときは / 関亨 / p2010~2012
  • DPTワクチン 心身障害児に対するDPTワクチン接種の絶対禁忌とは / 三牧孝至・他 / p2012~2013
  • DPTワクチン DPTワクチン接種部位(局所)がひどく腫れたときの処置は / 石飛アミ子 / p2013~2013
  • はしかワクチン はしかワクチンは1歳6カ月以後に接種した方がよいか / 堀誠 / p2013~2014
  • はしかワクチン はしかワクチンを1歳6カ月未満に接種した場合ブースターは必要か / 堀誠 / p2014~2014
  • はしかワクチン はしかワクチンを接種しても感染発症することがあるか / 堀誠 / p2014~2014
  • はしかワクチン ガンマ-グロブリン注射後,どの位の期間をおいてはしかワクチンを接種してよいか / 堀誠 / p2015~2015
  • ポリオワクチン ポリオワクチンの第3回目の接種(ブースター)が必要と聞くがなぜか / 中尾亨 / p2015~2015
  • ポリオワクチン 下痢以外のウイルス感染症状-発熱なく,鼻汁,咳のみ-があったときポリオワクチンを飲ませてよいか / 中尾亨 / p2015~2016
  • ポリオワクチン 2回目のポリオワクチンを飲ませたとき吐いてしまったがどうするか / 中尾亨 / p2016~2016
  • 風疹ワクチン 風疹ワクチン接種の年齢を引き下げてもその効果は有用か / 植田浩司 / p2016~2016
  • 風疹ワクチン 妊娠中誤って風疹ワクチンを接種したときの対応は / 植田浩司 / p2016~2017
  • 風疹ワクチン 風疹ワクチンは追加接種が必要か / 植田浩司 / p2017~2017
  • BCG ツベルクリン反応陽性の判定を発赤10mm以上と定めた理由は.またツベルクリン反応疑陽性として発赤5~9mmと定めた理由は / 山登淳伍 / p2017~2019
  • BCG ツベルクリン反応陰性と判定してからBCG接種までの日数を14日以内と定めた理由は / 山登淳伍 / p2019~2020
  • BCG BCG接種後のフォローはどうすればよいか / 山登淳伍 / p2020~2021
  • BCG アトピー性皮膚炎にステロイド軟膏を使用して軽快した皮膚にBCGを接種してもよいか / 山登淳伍 / p2021~2022
  • 日本脳炎 初年度2回接種し,その翌年追加接種せず2年目以降に施行したが有効か / 辻芳郎 / p2022~2022
  • インフルエンザワクチン インフルエンザワクチン接種のタイミングと接種抗原の選択について / 武内可尚 / p2022~2024
  • インフルエンザワクチン インフルエンザワクチン第1回目接種のとき副反応が強かった場合,以後の接種をいかにするか / 武内可尚 / p2024~2025
  • 水痘ワクチン 保育園,学校などで水痘が発生した場合,接触児にただちに水痘ワクチンを接種すれば効果があるか / 南谷幹夫 / p2025~2026
  • 水痘ワクチン 水痘ワクチンが緊急に必要な場合に入手方法は / 南谷幹夫 / p2027~2027
  • 水痘ワクチン 抗癌剤使用中の患児の同室児が水痘に罹った場合,その後どうすればよいか / 南谷幹夫 / p2028~2029
  • ムンプスワクチン ムンプスワクチンの予防効果は / 杉下知子 / p2029~2031
  • ムンプスワクチン ムンプスワクチンの追加接種は有用か / 杉下知子 / p2031~2031
  • HBワクチン HBs抗原陽性,HBe抗原陽性の父親の子どもは,HBワクチンの接種を受けるべきか / 松本脩三 / p2032~2032
  • HBワクチン HBIGとHBワクチンは同時に接種してもよいか / 松本脩三 / p2032~2033
  • 初感染結核児に対する予防接種のスケジュールは / 山登淳伍 / p2033~2034
  • 生ワクチン接種後にワクチン株による発症があるか / 平山宗宏 / p2034~2035
  • 抜歯など小手術をしたとき生ワクチンを接種してよいか / 平山宗宏 / p2035~2035
  • 川崎病の既往を持つ児にワクチンを接種してよいか / 川崎富作 / p2036~2037
  • 成人で子どもの感染症に罹る人が最近多い.それぞれに対して予防接種を行った方がよいか--とくに集団保育の場,医療従事者において / 春山辰夫・他 / p2037~2038
  • 破傷風ワクチンの予防接種の必要性について--分布を含めて / 海老沢功 / p2038~2040
  • 予防接種-スケジュルの変更,リスク児への対応 / 木村三生夫 / p2041~2050
  • 2歳3カ月,2歳4カ月にDPTワクチン1期2回を終了.以後,行っていない.現在3歳1カ月の男児.今後のスケジュールは / / p2041~2042
  • 2歳3カ月でDPTワクチン1期で1回だけ終了の3歳1カ月の男児今後のスケジュールは / / p2042~2042
  • 12歳女児.DPT1期1回だけ終了.副作用(一).半年前,蕁麻疹に罹患し,なかなか治らず1カ月位かかった.蕁麻疹の原因不明.今回の3期はどうか--ジフテリアの予防接種は希望しているが,蕁麻疹の発現を心配している / / p2042~2043
  • 4歳すぎまでDPTをしていない児のDPT期はどうするか.スケジュールは / / p2043~2043
  • 1歳3カ月の時の下痢,嘔吐,脱水で全身けいれんがあった.輸液その他でよくなり,現在発育は問題ない.現在2歳1カ月での男児.今後の予防接種はどうするか / / p2043~2044
  • 東京都内の某大学附属保育園では,職員の家族に対し乳児期よりの保育を行っている.この時の入園許可の条件としてDPT1期終了としてよいか.東京都内では2歳以降にDPTの予防接種を行っているので実施した時の万一の場合,予防接種法の救済の対象となり得るか / / p2044~2044
  • 1歳6カ月の女児.昨日,公園で一緒に遊んだ子が麻疹と診断本日予防接種可能か--潜伏期である可能性大の時,予防接種は / / p2045~2045
  • 3歳1カ月の男児.5カ月時,同居の兄(9歳)が麻疹になった.この児には淡い発疹と発熱があり麻疹かもしれないということで,近医でガンマ-グロブリン(量不明)が筋注された.今回,麻疹の予防接種を受けるべきか / / p2045~2045
  • ムンプスに罹患したかどうか不明の場合,本人が予防接種を希望すれば,するかどうか / / p2045~2046
  • ムンプスワクチンの獲得抗体価が90%と低い理由は / / p2046~2047
  • 4カ月乳児ツ反陽性の処置と,また4カ月乳児ツ反疑陽性の処置 / / p2047~2047
  • 結核で治療中の母親から生まれた新生児に対する処置は / / p2047~2048
  • 3歳男児.両側の上肢,前腕にアトピーが強く,ツ反を行っていない(行えない).ツ反を他の部位で行うことの是非は / / p2048~2048
  • BCG接種で,腋窩リンパ節が腫大した時の処置.その他のBCGの副作用について / / p2048~2048
  • 白血病の子に水痘ワクチンをするなら,いつがよいか.接触時にガンマーグロブリンをうつことと,riskを考えた上でワクチンをうつことと,どちらの方が望ましいか / / p2049~2049
  • B型肝炎ワクチン接種をHBsAg(一)の成人に行うことの是非.実際にはどの位行われているか / / p2049~2050
  • 小児科医でムンプス,水痘,麻疹の抗体すべて4倍以下の研修医.予防接種はすべきか.するならその順序は / 塙嘉之 / p2050~2050
  • 編集後記 / / p2051~2051
  • 投稿規定 / / p2051~2051

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科診療
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ ショウニカ シンリョウ
書名別名 Journal of pediatric practice

The Journal of pediatric practice
巻冊次 49(10)(564)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1986-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869806
NCID AN00116126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想