塩野義研究所年報  (6)

Shionogi Research Laboratories

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1) 1951.10~(通号: 33) 1983.10;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;1号 - no.52(2002);以後電子資料(http://www.shionogi.co.jp)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Chlortetracyclineの嘔吐作用機序について / 城戸//良之助 / 1~6<9909890>
  • 1,4-Naphthoquinone類の酸化白金による接触還元について / 沢//芳郎 / 7~15<9909888>
  • Phenothiazine誘導体の研究-1- / 加納//日出夫 / 15~18<9909900>
  • 触媒を発熱体とするアセトニトリルの製造研究-2- / 小中//隆盛 / 19~29<9909914>
  • 物理化学 Spectrochemical Studies on Association Bands. II.Solvent Effect on the ultraviolet absorption Spectra and hydrogenbonding Power of Pyridine 1-Oxide and Quinoline 1-Oxide. / TANEKAZU KUB0TA / p31~38
  • Oxycellulose吸着法により得たACTHのN-及びC-末端アミノ酸 / 大塚//英夫 / 39~44<9909899>
  • DNP法を用いたアミノ酸の定量的濾紙クロマイグラフィー蛋白質のアミノ酸組成の定量法 / 井上//健 / 44~50<9909893>
  • Flavin adenine dinucleotide(FAD)分離法の2,3の検討 / 島津//和雄 / 50~55<9909895>
  • メソ蓚酸の定量研究-1- / 平山//久雄 / 55~58<9909908>
  • N1-Acetyl-Sulfaisoxazoleの溶解度及び人工腸液中に於ける分解速度について / 水上//聰 / 58~64<9909898>
  • ホルムアミドの比色定量 / 水上//聰 / 64~67<9909907>
  • 非水滴定の応用-2- / 水上//聰 / 68~70<9909919>
  • 紫外部吸収スペクトルによる混合ビタミン剤中ビタミンAの定量法 / 水上//聰 / 71~76<9909912>
  • 邦産植物ステリン成分の研究-13・14- / 岡西//為人 / 77~80<9909921>
  • ジギタリス肥料試験-1- / 山本//進 / 81~87<9909906>
  • Pseudomonasのプロテァーゼに関する研究-4・5- / 森原//和之 / 89~109<9909902>
  • 細菌に依る糖類の酸化に関する研究-7- / 増尾//栄太郎 / 110~114<9909911>
  • Streptomyces属菌によるd-Sorbitolよりl-Sorboseの生成 / 増尾//栄太郎 / 115~117<9909904>
  • Lycorine の持続投与に依る諸臓器の変化特に精子形成に及ぼす障碍作用 / 峰下//銕雄 / 119~130<9909896>
  • Lycorineの白鼠生体内Vitamin C低減作用に就いて / 峰下//銕雄 / 131~141<9909897>
  • 用量作用曲線からみた下垂体性,姙馬血清性並びに姙婦尿性性腺刺戟ホルモンの相違について / 三宅//有 / 142~151<9909922>
  • 副腎重量維持因子と成長ホルモンとの異同について / 永田//源治 / 152~162<9909920>
  • Polyvinylpyrrolidone添加に依るACTH作用の増強並びに持続化について / 三宅//有 / 163~171<9909901>
  • Chlorpromazineの薬理 / 城戸//良之助 / 171~202<9909889>
  • 静脈麻酔薬の効力に関するBioassay / 城戸//良之助 / 203~211<9909917>
  • Pyrogen Testの場に関する検討-1- / 城戸//良之助 / 212~221<9909903>
  • 発熱物質の静脈注射と筋肉注射による発熱の差異について / 城戸//良之助 / 222~227<9909918>
  • ヤブタバコの主成分カルペシアラクトンの中枢抑制作用について / 小川//保直 / 227~238<9909909>
  • 数種のIsoniazid-benzaldehyde誘導体の実験的マウス結核症に対する感染防禦について / 西村//治雄 / 239~249<9909916>
  • Dipnenyl Etherを基核とするAcid Hydrazide誘導体の研究-7- / 西村//治雄 / 250~252<9909892>
  • 人型結核菌H37Rvを用いて抗結核物質を産生する放線菌の探索法,Agar disc dilution methodについて / 西村//治雄 / 253~256<9909915>
  • Wintermin(Chlorpromazine,SHIONOGI)に関する研究-1・2- / 西村//治雄 / 257~272<9909905>
  • 各種抗生物質の経口投与に於ける消長に関する検討 / 西村//治雄 / 273~278<9909910>
  • Erythromycin,albomycetin,carbomycin及びleucomycinの抗菌作用と交叉耐性に関する研究 / 西村//治雄 / 278~285<9909894>
  • 雑纂 昭和30年学術雑誌発表研究論文抄録 / / p287~293
  • 雑纂 学会出演記録 / / p295~297
  • 雑纂 昭和30年研究発表会記録 / / p299~299

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 塩野義研究所年報
著作者等 塩野義製薬株式会社研究所
塩野義製薬株式会社
書名ヨミ シオノギ ケンキュウジョ ネンポウ
書名別名 Annual report of Shionogi Research Laboratories
巻冊次 (6)
出版元 塩野義製薬中央研究所
刊行年月 1956-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05598680
NCID AN00099763
AA10605047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想