産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  49(1)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 10年先の産科診療はどう生き抜くか / 佐藤郁夫 / p1~85
  • 10年先の産科診療をどう生き抜くべきであろうか 企画者の提案 / 佐藤郁夫 / p1~4
  • 診療所はどう運営し,どう生き抜くか / 大野明子 / p5~12
  • 診療所はどう運営し,どう生き抜くか / 大草尚 / p13~18
  • 10年先の産科医療へのファースト・ステップ 診療所の立場より / 三宅馨 / p19~26
  • 産婦人科単科病院の現状と将来 / 竹村秀雄 / p27~37
  • 地域中核病院はどう運営し,どう生き抜いていくべきか / 金子義晴 / p39~44
  • 地域中核病院はどう運営し,どう生き抜いていくべきか / 進純郎,他 / p45~50
  • 当院での産科オープンシステムの運用状況 最近2年間の実績を中心に / 前田真 / p51~55
  • 新潟県における周産期医療の現況と将来への展望 / 徳永昭輝 / p57~66
  • 三次(総合)周産期センターはどう生き抜いていくべきであろうか 総合周産期母子医療センターの役割 / 泉章夫,他 / p67~72
  • 三次(総合)周産期センターはどう生き抜くべきであろうか / 竹田省,他 / p73~77
  • 三次(総合)周産期センターはどう生き抜いていくべきであろうか / 末原則幸 / p79~85
  • 今日の話題 浸潤子宮頚癌の治療における放射線療法と化学療法の同時併用療法 / 寒河江悟,他 / p91~100
  • 妊娠中期の子宮頚部超音波画像による切迫流産の前方視的検討 / 深見武彦,他 / p101~108
  • 診療 妊婦のけいれん発作または激しい頭痛時のMRIによる脳所見の検討 / 林正敏,他 / p109~114
  • 診療 婦人科癌化学療法における末梢神経障害 筋電図を用いた評価法の有用性について / 鈴木啓太郎,他 / p115~120
  • 臨床経験 高純度第VIII因子濃縮製剤によるvon Willebrand病type IIʙ妊婦の分娩管理 / 本田裕,他 / p121~128
  • 臨床経験 当科における子宮肉腫の治療法と予後について / 平敷好一郎,他 / p129~133
  • 臨床経験 卵巣明細胞腺癌に対する適切な化学療法の選択とその順序 / 高野政志,他 / p135~139
  • 症例 術前診断を行いえた多量の腹水をともなう卵巣甲状腺腫の1症例 / 小西光長,他 / p141~146
  • Overseas Medical News Brain Damage Seires No.75 胎児心拍数パターンは正常でも,児に脳障害のある症例-これは分娩中のモニタリングが適切に機能していないことを意味するのだろうか? / 矢沢珪二郎 / p86~89
  • 海外文献紹介 ヒツジにおけるnitroglycerinとindomethacinの母体・胎仔循環,胎仔脳血流・代謝に及ぼす影響 / 日本医科大学産婦人科 / p90~90
  • 海外文献紹介 肩甲難産のリスクファクターとしての分娩異常 / 日本医科大学産婦人科 / p90~90
  • 学会案内 / / p44~44,114~114,133~133
  • 投稿規定 / / p147~147
  • 次号目次 / / p148~148

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
巻冊次 49(1)
出版元 金原
刊行年月 2000-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想