産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice  21(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1):1952.01-32(10):1983.9 ; 50(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;60巻1号以降の並列タイトル: Obstetrical and gynecological practice;別冊あり;1巻1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 子宮収縮剤の選び方 / / p185~227<7548295>
  • キニーネ系薬剤の功罪--胎盤組織におよぼす影響 / 渡辺行正 他 / p185~187<7548296>
  • キニーネの功罪 / 根本将 他 / p188~191<7548297>
  • オキシトシンの使用法 / 西田悦郎 / p192~197<7548298>
  • 子宮収縮剤と偶発事故--特に硫酸スパルティン剤の使用について / 堀越登 / p198~202<7548299>
  • 実地医家の子宮収縮剤--人工妊娠中絶を中心として / 佐藤喜一 / p203~208<7548300>
  • 子宮内圧曲線からみたプロスタグランディンF₂αの収縮作用 / 坂元正一 他 / p209~218<7548301>
  • Prostaglandins--その化学構造・生物学的作用・分娩誘発効果について / 彦坂恭之助 / p219~227<7548302>
  • 臨床座談会 新生児の足紋について語る / 岡島道夫
  • 阿部俊雄
  • 長橋千代
  • 吉原次枝
  • 杉山四郎 / p228~236,237~237<7548303>
  • 綜説 分娩予定日超過についての問題--特に待期方針の立場から / 山下徹 / p238~243<7548304>
  • 臨床新生児学講座(第19回)新生児期の黄疸(その1) / 島田信宏 / p244~249<7548305>
  • 臨床医家の手術シリーズ(第7回)腟式小手術手技-ポリープ摘除術- / 永田登喜雄 / p250~256<7548306>
  • 臨床経験 人フイブリノーゲン螢光抗体法による妊娠初期絨毛構造の組織学的検討 / 加藤俊 他 / p257~262<7548307>
  • 症例 子宮頸部肉腫の1例--細胞診で診断のついた子宮頸部肉腫 / 天神美夫 他 / p263~271<7548308>
  • アメリカ見聞記 ボルチモアの空--13 / 蜂屋祥一 / p272~241
  • 投稿規定 / / p256~256

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 産婦人科の実際 = Obstetrical and gynecological practice
著作者等 金原出版株式会社
書名ヨミ サンフジンカ ノ ジッサイ = Obstetrical and gynecological practice
書名別名 Sanfujinka no jissai
巻冊次 21(3)
出版元 金原
刊行年月 1972-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05584728
NCID AN00099479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想