Brain and nerve  34(8)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 新生児の頭蓋内出血と新生児仮死における光眼輪筋反射 / 安原//昭博 / p725~732<2498601>
  • Dynamic CT scanによる局所脳循環動態の解析 / 中込//忠好 / p733~739<2498600>
  • 過食と嚥下困難があり激しい食道アカラジアを呈したParkinson病の1剖検例 / 吉村//教皓
  • 松井//哲郎
  • 東海林//優 / p741~746<2498598>
  • 側頭部皮質焦点発作と発作後回復期に及ぼす脳梁正中離断の影響 / 佐藤//光源 / p747~753<2498595>
  • Ethylnitrosourea誘発ラット脳腫瘍における局所グルコ-ス利用率の変化 / 山田//和雄 / p755~759<2498602>
  • 大脳皮質にLewy小体の多発を認め,痴呆と無動・無言症を呈したParkinson病の1剖検例--痴呆の機序に関する考察 / 桶田//理喜 / p761~767<2498599>
  • 脳脊髄液中のp-hydroxyphenylacetic acid濃度 / 小林//清史 / p769~774<2498596>
  • Hereditary nonprogressive choreaと思われる1家系 / 伊藤//健 / p775~780<2498597>
  • 哺乳類孤束傍核の形態学的研究 / 古川//冬彦 / p781~796<2498592>
  • Broca領野とBroca失語--Broca領野に病変を有する自験2例の検討から / 大東//祥孝
  • 田辺//敬貴 / p797~804<2498593>
  • 核磁気共鳴法によるグリセロ-ルの脳浮腫改善作用の検討 / 成瀬//昭二 / p805~809<2498594>
  • Spurzheimと骨相学の余波(神経心理学史の里程標-6-) / 浜中//淑彦 / p810~811<2498591>
  • 書評 問田直幹他編集「新生理学<全2巻>改訂第5版」 / 勝木保次 / p740~740
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p812~813
  • 第9回金沢医科大学神経科学セミナーご案内 / / p780~780
  • 投稿規定 / / p814~815
  • 次号予告 / / p767~767
  • 編集後記 / 有馬正高 / p815~815

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 34(8)
出版元 医学書院
刊行年月 1982-08
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想