日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan  32(6)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;11巻4号以降の並列タイトル: Journal of Physiological Society of Japan;1巻1号-;1巻1号から10巻11/12号までの出版者: 大日本生理學會

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ガマ骨格筋細胞膜の2,3の酵素活性とその局在性に関する考察 / 佐藤//恒久 / 317~328<8393980>
  • The use of 36Cl and 14C-inulin for the determination of erythrocyte chloride concentration and trapped plasma in the centrifuged hematocrit in the rat(短報) / 藤本//守 / 329~330<8393981>
  • A possible role of olfactory lobe of goldfish in visual discrimination performance(短報) / 岩井//栄一 / 331~332<8393982>
  • Gas-blow and medium-flow method for stable recording of electrical activities in the sliced mammalian cerebral tissue in vitro(短報) / 藤井//崇知 / 333~334<8393983>
  • 膜ATP-aseと能動輸送 / 長野//敬 / 335~338<8393985>
  • 微生物における物質の膜透過 トランスポートキャリヤーを中心として / 安楽//泰宏 / 338~339<8393986>
  • 非電解質,有機酸のNa+依存性能動輸送(Cotransport)といわゆる輸送電位について / 星//猛 / 339~344<8393987>
  • 第2回神経科学強化講習会に参加して(海外だより) / 本郷//利憲 / 345~349<8393988>
  • 会報 科学研究費検討委員会関係 / 佐藤昌康 / p349~354
  • 会報 人体基礎生理学研究所設立委員会関係 / 井上
  • 内薗
  • 名取
  • 藤森
  • 広重
  • 岩崎
  • 塚原
  • 竹宮
  • 八木
  • 堀江
  • 遠藤
  • 熊田
  • 品川
  • 北里
  • 磯本
  • 菅野義
  • 竹中
  • 村田 / p355~355
  • 会報 生理学会教育委員会報告(11) / 高橋悳 / p356~356
  • 会報 第2回国際生理学科学会議(2) / 加藤元一 / p356~357
  • 書評 昆虫の生理活性物質 / 菊地鐐二 / p357~357

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan
著作者等 大日本生理學會
日本生理学会
日本生理学会編集・広報委員会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ = The journal of the Physiological Society of Japan
書名別名 Journal of Physiological Society of Japan

The journal of the Physiological Society of Japan

Nihon seirigaku zasshi
巻冊次 32(6)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1970-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想