形成外科  31(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 菅原光雄 / p195~195
  • 経験 耳下腺管断裂の3治験例: その再建法を中心として / 神保好夫 ほか / p196~201
  • 経験 咽頭弁術後の言語成績 / 岡崎恵子 ほか / p202~208
  • 経験 腓腹神経を含むfree peroneal flap移植術 / 福居顕宏 ほか / p209~215
  • 経験 皮弁に対するdigital subtraction angiographyの応用と評価 / 林明照 ほか / p216~222
  • 手技 遊離空腸移植術における新しい試み: 術後嚥下困難を防ぐために / 野平久仁彦 ほか / p223~230
  • 手技 頭部を恵皮部とした分層植皮術:--第2報 顔面周囲への応用を中心として / 中島龍夫 ほか / p231~239
  • 手技 前腕皮弁-その基本手技と頭頸部再建術への応用:--第1報 対象症例,皮弁の採取法,恵皮部の処置,適応と禁忌 / 鎌田信悦 ほか / p240~250
  • 症例 口唇裂を合併した4p⁻症候群の1例 / 提箸延幸 ほか / p251~255
  • 症例 静脈由来と考えられた"nonvenereal sclerosing lymphangitis of the penis"の1例(Mordor's phlebitis of the penis) / 中村潔 ほか / p256~260
  • 症例 包皮結石(preputial calculi)の1例 / 中山凱夫 ほか / p261~263
  • 挫滅指の再接着に関する実験的研究: 圧挫,ねじれ,牽引による血管損傷部の吻合後開存率 / 中山凱夫 ほか / p264~268
  • 静脈付皮膚移植についての実験的研究(第2報) / 福居顕宏 ほか / p269~274
  • 第14回日本マイクロサージャリー学会に参加して / 梁井皎 / p275~277
  • 外国文献抄訳 / / p278~286

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 31(3)
出版元 克誠堂
刊行年月 1988-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想