形成外科  30(5)(160)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 丹下一郎 / p401~401
  • 手技 縦軸方向の腹直筋皮弁による乳房切断後の乳房再建術--他の皮弁,筋皮弁との比較 / 酒井成身 ほか / p402~411
  • 手技 Transverse rectus abdominis musculocutaneous flapによる乳房再建 / 高柳進 ほか / p412~417
  • 手技 短趾伸筋・短母趾伸筋の下腿下1/3部皮膚欠損への応用 / 鳥居修平 ほか / p418~421
  • 手技 Transverse bipedicle fasciocutaneous flapを用いた髄膜瘤および脊髄髄膜瘤の2手術例 / 佐野豊 ほか / p422~425
  • 経験 咬傷による組織欠損とその修復再建の経験 / 安藤和正 ほか / p426~432
  • 経験 17cmの動脈血栓を除去して生着させ得た遊離皮弁の1例 / 中山凱夫 ほか / p433~436
  • 経験 マイトマイシンCによる難治性潰瘍の治療法 / 高木正 ほか / p437~440
  • 症例 囊腫の様相を呈した腋窩部神経鞘腫の1例 / 田邉博子 ほか / p441~446
  • 形成外科入院患者の分離菌の統計学的検討 / 佐伯英明 ほか / p447~453
  • 耳下腺腫瘍に対するCTスキャン像の検討 / 前川二郎 ほか / p454~460
  • 局所皮弁の歴史とその変遷--Slide-swing plastyをめぐって / 児島//忠雄
  • 林//康男 / p461~469<3148587>
  • 外国文献抄訳 / / p470~479

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 30(5)(160)
出版元 克誠堂
刊行年月 1987-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想