形成外科  38(9)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 荻野洋一 / p903~903
  • 内視鏡を用いた経腋窩法による大胸筋下乳房増大術 / 野平//久仁彦 / p905~910<3645640>
  • 手技 手背尺側における背側中手動脈皮弁の応用 / 澤泉雅之 ほか / p911~919
  • 手技 超音波双方向血流計を用いた皮弁の連続モニタリングシステム / 桑原広昌 ほか / p921~925
  • 経験 外鼻以外の皮膚欠損に用いたtrilobed flapの経験 / 大隅昇 ほか / p927~933
  • 経験 動脈吻合の追加により完全生着したと思われる耳介不全切断の1例 / 小室裕造 ほか / p935~939
  • 経験 指動脈皮弁の臨床応用ならびにその問題点--Reverse digital flag flap / 稲田有史 ほか / p941~949
  • 症例 巨趾症に合併した下腿筋肉内脂肪腫の1例 / 渡辺規光 ほか / p951~955
  • 症例 再発を繰り返した胚中心進展性異形成の1例 / 松崎恭一 ほか / p957~961
  • 症例 無汗症を伴う先天性知覚性ニューロパシーの1例 / 中島洋子 ほか / p963~969
  • 症例 同一下肢の膝関節部・母趾に発生したデスモイドの1例 / 宮脇剛司 ほか / p971~975
  • 症例 前頭骨に発生した海綿状血管腫の1例 / 大塚尚治 ほか / p977~983
  • 症例 巨大腹壁瘢痕ヘルニア / 篠川靖夫 ほか / p985~989
  • 症例 皮下にガス像を伴った鼻の糖尿病性壊疽の1例 / 横内哲博 ほか / p991~995
  • 症例 迷走神経由来の頚部神経鞘腫の1例 / 石原剛 ほか / p997~1000
  • 症例 固有手部に発生した脂肪腫の2例 / 太田栄一 ほか / p1001~1007
  • 外国文献抄訳 / / p1009~1018

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 38(9)
出版元 克誠堂
刊行年月 1995-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想