形成外科  40(8)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 藤野豊美 / p757~757
  • 特集 形成外科におけるコンピュータの応用 / / ~777
  • 形成外科医が容易に利用できるソフトウェアの選び方--Apple社製パーソナルコンピュータ(Macintosh)の場合 / 土井秀明 / p761~766
  • パソコンによるスライド画像の管理と学会発表の記録への応用 / 山野辺裕二 / p767~772
  • コンピュータを利用した計測機器の制御--グラフィカルプログラミングソフトを利用して / 菊池二郎 ほか / p773~777
  • 経験 唇顎口蓋裂顎変形に対する顎骨骨切り術--術式の選択(組み合わせ)とその適応 / 佐藤兼重 ほか / p779~787
  • 経験 Discussion / 平野明喜 / p788~789
  • 経験 遠位型尿道下裂に対する一期的修復術の経験 / 大隅昇 ほか / p791~797
  • 手技 三次元実体モデルを利用した斜頭症の簡便かつ迅速な手術法 / 上田晃一 ほか / p799~802
  • 舌顆粒細胞腫--S-100蛋白を中心とした免疫組織化学的検討 / 原岡剛一 ほか / p803~808
  • 器具 加熱加圧成形法で製作したバイトスプリントの顎顔面外科への応用 / 卞勝人 ほか / p809~814
  • 在宅医療における形成外科医の役割--在宅介護の褥瘡予防調査 / 横内//哲博 / 815~821<4294612>
  • 症例 Acrocephalosyndactylyにおける遺伝子診断の有用性 / 岩垂鈴香 ほか / p823~831
  • 症例 下顎骨矢状分割術後に顔面神経麻痺を生じた1症例 / 川那部岳志 ほか / p833~837
  • 症例 Prominent anthelixについて / 李節 / p839~844
  • 症例 脱色素性母斑による限局性白毛症の1例 / 漆舘聡志 ほか / p845~850
  • 外国文献抄訳 / / p851~858
  • お知らせ / / p859~859
  • 次号予定目次 / / p850~850
  • バックナンバー / / p860~
  • 投稿規定 / / p864~864

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 40(8)
出版元 克誠堂
刊行年月 1997-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想