形成外科  35(6)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 平山峻 / p581~581
  • 経験 Treacher Collins症候群の治療経験 / 伊藤芳憲 ほか / p583~590
  • 経験 Tissue expanderを用いた非定型的乳房切断術後一期的乳房再建術--Tissue expanderの注入量と伸展法について / 前川二郎 ほか / p591~599
  • 経験 貼付型皮膚表面温度インジケーターの精度および使用経験--切断指再接着術後の血行動態モニタリング / 相原正記 ほか / p601~605
  • 経験 Intraoperative expansion法を応用した埋没耳の修復 / 久保田潤一郎 ほか / p607~612
  • 経験 頭頸部領域の再建術におけるD-P皮弁の二,三の工夫 / 蘭行簡 ほか / p613~620
  • 経験 Face liftにおけるフィブリン接着剤の有用性について / 河田牧男 ほか / p621~627
  • 症例 神経症状を呈した皮下型サルコイドーシスの1例 / 中山佳代子 ほか / p629~632
  • 症例 膝蓋骨・膝関節露出に対する島状腓腹筋弁の応用の1例 / 黄貴興 ほか / p633~638
  • 症例 超未熟児眉毛部に発生した先天性横紋筋肉腫の1例 / 鎌田聡 ほか / p639~643
  • 手技 真皮で包んだアパセラム顆粒を用いたサンドバッグ法による隆鼻術の1例 / 後藤まゆき ほか / p645~649
  • 手技 上顎骨切り術における鼻中隔手術法の応用--外鼻形態変化の予防法について / 宮沢正純 ほか / p651~661
  • 栄養血管閉塞後の筋皮弁の生着に関する実験的研究 / 波床光男 ほか / p663~670
  • 胃管吊り上げによる食道再建の実験的研究 / 中山凱夫 ほか / p671~675
  • ラットfree groin flapの生着に影響を及ぼす因子に関する実験的研究 / 山田弘之 ほか / p677~682
  • 外国文献抄訳 / / p683~693

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 35(6)
出版元 克誠堂
刊行年月 1992-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想