形成外科  32(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 荻野洋一 / p999~999
  • 手技 両側唇裂二次修正術における反転唇弁の適応について / 難波雄哉 / p1001~1011
  • 手技 Arterialized venous flapによる第1足趾wrap-around flap採取部の被覆 / 井上五郎 ほか / p1013~1017
  • 手技 乳房再建における乳頭乳輪の再建--対側(健側)の乳頭乳輪を分割し移植する方法 / 酒井成身 ほか / p1019~1025
  • 経験 太田母斑の組織学的分類とその治療方針 / 平山峻 ほか / p1027~1036
  • 経験 遊離空腸移植を用いた下咽頭頸部食道再建術後の嚥下障害について--嚥下機構から見た3つのモデルの経験 / 井上要二郎 ほか / p1037~1042
  • 経験 Posterior interosseous flap--第2報 / 並木保憲 ほか / p1043~1046
  • 経験 皮膚軟部組織腫瘍におけるMRIの経験 / 大塚壽 ほか / p1047~1055
  • 経験 四世代にわたる先天性屈指症の1家系 / 稲田有史 ほか / p1057~1062
  • 症例 ガングリオンによる足根管症候群の1例 / 安田浩 ほか / p1063~1066
  • 症例 腓腹筋内ガングリオンの1例 / 大塚壽 ほか / p1067~1070
  • 症例 木村氏病の3例 / 米田敬 ほか / p1071~1078
  • 活性酸素--その形成外科における意義について / 鈴木//茂彦 / p1079~1085<3262561>
  • 神経修復術後の感覚神経終末の超微細構造の変化に関する実験的研究-1- / 南保//秀行 / p1087~1093<3262488>
  • 工夫 小動物実験における固定法の一工夫 / 四ツ柳高敏 ほか / p1095~1097
  • 外国文献抄訳 / / p1099~1109

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 32(10)
出版元 克誠堂
刊行年月 1989-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想