形成外科  27(1)(135)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 大森清一 / p1~1
  • 経験 Craniofacial surgeryの術後経過上の問題点--眼症状の推移について / 大浦武彦 ほか / p2~11
  • 経験 巨大母斑に対するデルマトームによる分層剝皮法について(第2報) / 東久志夫 / p12~15
  • 経験 殿部に発生した巨大なcirsoid hemangiomaの治療経験--Artificial embolizationの1経験例 / 西野健一 ほか / p16~22
  • 症例 Wrap-around flap法による母指再建術の遠隔成績 / 土井一輝 ほか / p23~32
  • 症例 先天性両側性母趾基節骨欠損の1例 / 内田満 ほか / p33~38
  • 症例 Freeman-Sheldon症候群の1例 / 後藤昌子 ほか / p39~44
  • 症例 雪状炭酸圧抵療法およびアルゴンレーザー治療を受けた単純性血管腫上に発生した基底細胞癌の1例 / 若松信吾 ほか / p45~50
  • 手技 再接着指における皮膚付静脈移植の試み / 本田敬宜 ほか / p51~57
  • 手技 造臍術の1例 / 宮本義洋 ほか / p58~61
  • 器具 電気凝固用鑷子付メスホルダー / 原科孝雄 / p62~63
  • 学会で目につく英語の誤り / 尾郷賢 / p64~69
  • 外国文献抄訳 / / p70~82

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 27(1)(135)
出版元 克誠堂
刊行年月 1984-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想