倉敷中央病院年報  60(1)

国立国会図書館雑誌記事索引 20 (2) 1950.04~50 (2) 1982.12;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 十二指腸潰瘍穿孔によるバリウム腹膜炎の1例 / 岡田憲幸
  • 木本秀二
  • 川口義弥
  • 河本和幸
  • 武田亮二
  • 西澤孝
  • 猪股裕紀洋
  • 伊藤雅
  • 記井英治
  • 河野幸裕
  • 小笠原敬三
  • 高三秀成 / p1~5
  • 正中型前頭骨々折に頰骨々折を伴った症例の治療経験 / 河合勝也
  • 小山久夫
  • 赤松順
  • 松下洋二
  • 宇野淳二
  • 箕輪哲也 / p7~12
  • 肺癌を合併した特発性間質性肺炎の検討 / 光藤和代
  • 道家雅子
  • 清野哲司
  • 三並珪
  • 重康牧夫 / p13~21
  • PRCAとして発症した顆粒リンパ球増多症にエンドキサン経口投与が効を奏した1例 / 谷口善男
  • 野田昌昭
  • 木原宏介
  • 全勝弘
  • 安斎尚之
  • 手塚裕章
  • 上田倫子
  • 小西博
  • 矢切良穂
  • 日下昌平 / p23~27
  • 経皮生検で他疾患と診断された縦隔悪性リンパ腫の2例 / 小阪真二
  • 池上直行
  • 松倉規
  • 玉田二郎
  • 能登原憲司 / p29~33
  • 生前に診断し得た全身性アミロイドーシス1剖検例 / 路建平
  • 能登原憲司
  • 津嘉山朝達 / p35~40
  • 講演要旨 酵素免疫測定法を用いたC型肝炎ウイルス抗体の測定 / 山田佐知枝
  • 金光房江
  • 川西功躬
  • 水島淳 / p41~42
  • 講演要旨 糞便材料からのAdenovirus検出の臨床的意義 / 磯崎八重子
  • 武田知子
  • 中野小百合
  • 大倉美樹子
  • 森永桂子
  • 文谷達子
  • 吉光一
  • 田中陸男 / p43~44
  • 講演要旨 酵母様真菌同定におけるOxgall agarの有用性 / 矢間知子
  • 高橋夕子
  • 藤井寛之
  • 中原康彦
  • 重森裕美子
  • 西野佐和子
  • 大谷英男
  • 片山博正
  • 本郷俊治
  • 川西功躬
  • 水島淳 / p45~46
  • 講演要旨 悪性組織球症に認められた染色体異常 / 山本純子
  • 中尾初江
  • 高橋司
  • 川内幸恵
  • 難波はるみ
  • 川西功躬
  • 水島淳
  • 亀山順治 / p47~48

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 倉敷中央病院年報
著作者等 倉敷中央病院
書名ヨミ クラシキ チュウオウ ビョウイン ネンポウ
書名別名 Kurashiki chuo byoin nenpo
巻冊次 60(1)
出版元 倉敷中央病院
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03684954
NCID AN00067097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想