漢方の臨床  47(9)(553)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口絵 目でみる漢方史料館 (147) 浅井正封書入本『扁倉伝割解』 / 宮川浩也 / p1258~1260
  • 代替医療ビジネスへの対応 / 広瀬滋之 / p1265~1265
  • 八味丸の脳血流増加作用--ヒト網膜中心動脈の血流を指標として / 磯部秀之
  • 丁宗鐵 / p1266~1272
  • 『蕉窓方意解の補遺』 / 岡利幸 / p1273~1277
  • 女子医大雑話 (85) ストレスが原因と考えられる3症例 / 新井信
  • 盛岡頼子
  • 溝部宏毅 / p1278~1286
  • 東洋堂経験余話 (111) / 松本一男 / p1287~1289
  • 漢方診療おぼえ書 (189) / 緒方玄芳 / p1290~1291
  • 漢方牛歩録 (177) / 中村謙介 / p1292~1293
  • 五行説の私的解釈 / 横溝嘉昭 / p1294~1294
  • HbA₁cに対する羅漢果の影響を考える / 松下嘉一 / p1295~1318
  • 『康平傷寒論』の「傷寒例」読解 (3) / 山田光胤 / p1319~1324
  • 大塚敬節による『類聚方広義』解釈 (10) / 大塚賢治
  • 渡辺洋井 / p1325~1332
  • 『諸病源候論』『外台秘要方』に基づく皮膚病治療の古典的考察 (2) / 鎌田慶市郎
  • 松下嘉一 ほか / p1333~1340
  • 導引・行気と経脈論の接点 / 遠藤次郎
  • 中村輝子 / p1341~1350
  • 【中国医学源流への彷徨】 (3) 気の流れを調整しているのは「肝」か「胆」か「膈」か / 小高修司 / p1351~1363
  • 貝原益軒抄出・竹田定直編成『頤生輯要』読訳--20 / 宮崎綾子 / p1364~1370
  • 漢方製剤配合生薬の薬能に関する考察 (5) / 鈴木堯 / p1371~1376
  • 書評 『江戸時代朝鮮薬材調査の研究』 / 吉冨誠 / p1377~1378
  • 第10回漢方治療研究会プログラム / / p1379~1382

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 47(9)(553)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 2000-09
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想