看護学雑誌  26(3)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 1950.01~12 (7) 1952.12 ; 49 (1) 1985.01~74 (12) 2010.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;[ ]-74巻12号 (2010年12月);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 / / p5~20
  • 手術室の看護(口絵写真) / 山本ミチ子 / p5~
  • 回復室看護 回復室看護の知識と要領 / 尾山力 / p13~17
  • 回復室看護 回復室看護の実際 / 広田よしえ
  • 伊藤さかえ / p17~20
  • Nursing Study 乳幼児肺炎の看護 / 新井澄子 / p21~24
  • 患者指導のために 高血圧の患者指導 / 山口雅子 / p65~67
  • 患者指導のために 晩期妊娠中毒症の患者指導 / 青木康子 / p68~70
  • 患者指導のために 糖尿病の患者指導 / 原萃子
  • 藤枝寿恵 / p71~73
  • 話しかたの科学 / 斎藤美津子 / p42~44
  • 新抗癌剤のはなし / 畔柳繁 / p59~61
  • 熱傷凍傷の救急処置 / 島田敏雄 / p62~64
  • ソ連の旅に拾つた話題 / 井上澄恵 / p45~47
  • 精神病看護の歴史とモラル / 浦野シマ / p55~58
  • 限りある命をおしんで(10)琴の音 / 工藤良子 / p50~52
  • 附録 看護手順(13)整形外科 /
  • 座談会 人間ドックの看護婦 / 長野猪佐久
  • 内田卿子
  • 賀集竹子
  • 阿部婦美子
  • 原萃子
  • 有田松 / p26~33
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 湯槇委員案の一考察 / 立川高等看護学院自治会 / p34~35
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 寮問題について / 都立第一高等看護学院自治会 / p35~36
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 臨床指導について / 国立東京第一病院附属高等看護学院2年 / p36~37
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 週単位制と時間単位制について / 日本赤十字女子短期大学自治会 / p37~38
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 現在の看護婦労働について / 東大医学部附属看護学院ドングリ会 / p38~39
  • 東京都内看護学生ゼミナール抄録 准看護婦制度について / 国立療養所清瀬病院附属高等看護学院学生自治会 / p39~40
  • 看護教育制度問題提起討論から / / p40~41
  • 扉 紙とむだ / 金子光 / p1~1
  • 書評 未熟児の取扱い / 山内逸郎 / p4~4
  • 編集長のノート(11) / 長谷川泉 / p20~20
  • 新薬のはなし(7) / 増山善明 / p52~52
  • 時の動き / 奥山益朗 / p53~53
  • あとがき 2台のタクシー / 遠 / p74~74
  • 読者文芸欄 / / p48~49
  • 俳句 / 吉川春藻
  • 熊谷侊子
  • 守屋祐子
  • 大岩純子
  • 井坂敏子
  • 岡田文子
  • 塚越キチ
  • 富永盈美
  • 田中桂子 / p48~48
  • 短歌 / 山上三千生
  • 小林栄子
  • 鎌田貞雄
  • 秋井糸枝
  • 守屋祐子
  • 辻久美子
  • 福田潤子
  • 水野あづさ
  • 大棟夏子
  • 松林美代子
  • 勝野鈴子
  • ささきはるみ
  • 渡辺順
  • 近藤末子
  • 武本照子 / p48~48
  • 詩 / 長谷川泉
  • 牛尾千歳
  • 村上積子
  • 田中多恵子
  • 鳥井きよ
  • 酒匂寛子
  • 熊川久美子 / p48~49

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護学雑誌
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ カンゴガク ザッシ
書名別名 JJN

Japanese journal of nursing

Kangogaku zasshi
巻冊次 26(3)
出版元 医学書院
刊行年月 1962-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869830
NCID AN00046472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想